PDFファイルをより安全に共有する方法

ドキュメントをより安全に共有するために、パスワードまたは安全証明書を使用したPDFの保護を強化する方法を説明します。

私たちの多くは、業務の一環として、または勉強や日常生活の中で、毎日PDFファイルを共有しています。共有するファイルの種類に関を問わず、データのセキュリティを最大限に保つことが重要です。最も一般的なPDFドキュメントにも、公開したくない情報が含まれている場合があります。

PDFを共有する前に、PDFの保護機能を強化することをお勧めします。このガイドでは、Adobe Acrobat DCを使用してPDFファイルをより安全に転送する方法を説明します。

PDFをさらに安全に転送する

Acrobat DCを起動し、「ツール」メニューから「保護」ツールを選択します。

保護の設定を選択します。パスワードで編集を制限したり、PDF全体をパスワードまたはデジタル証明書で暗号化したりできます。隠し情報はファイルから消去することもできます。

ファイルを保護したら、別のコピーとして保存し、保護します。

上部のツールバーから「他のユーザーと共有」を選択します。

受信者の電子メールアドレスを追加します。コメントの許可スイッチを使用してコメントを許可し、オプションの期限のリマインダを追加することもできます。

「送信」を選択して、ファイルを共有します。

最後に、適切なパスワードまたは安全証明書を別途受信者に配信します。この方法を使用すれば、ファイルのセキュリティが向上し、意図せずに誰かに開かれることがなくなります。

PDFをオンラインで保護します。

特に外出中であれば、必ずしもこのプロセスを経る時間があるとは限りません。PDFをすばやく保護する必要がある場合は、Acrobatオンラインサービスを使用できます。PDFの保護ツールに移動し、ファイルをアップロードし、パスワードを設定し、新しく保護されたPDFをダウンロードします。その後、ノートパソコンやモバイルデバイスとの共有をより安全に行うことができます。

**Acrobat DCAcrobatオンラインサービス**を使用して、PDFワークフローのセキュリティ保護、共有、および作業の円滑化に役立つすべての機能を検出します。