ChromebookでPDFを墨消しする方法

PDFドキュメントの機密情報を非表示にします。PDFを修正し、Chromebookと安全に共有する方法を説明します。

Chromebookは便利で軽量なデバイスで、コンパクトなパッケージで多くの機能を提供します。しかし、PDFの墨消しなど、一部の機能については少し作業が必要です。しかし、ご心配なく。このガイドでは、ChromebookでPDFの修正を開始し、PCやMacで作業を終了する方法を説明します。

まず、墨消しが必要なドキュメントが紙である場合は、まずスキャンしてPDFにします。PDFをChromebookに保存したら、PCまたはMacでAdobe Acrobat DCを使用して墨消しを完了できる場所にアップロードします。

PDFからテキストと画像を墨消しする方法

Acrobatを起動し、「ツール」、「墨消し」の順に選択します。

「ファイルの選択」を選択し、対象となるPDFを探します。

「墨消しとしてマーク」ツールをクリックします。テキストや画像、ページ全体、または特定の語句を検索できます。

すべての墨消しをマークアップしたら、「適用」を選択します。

PDFを別のファイルとして保存します。墨消しツールはマークされた情報を完全に削除するので、これは重要です。

見えない情報を消し去る

隠し情報の削除ツールを選択すると、ページに表示されないデータ自体を削除できます。この機能を使用すると、メタデータ、非表示のPDFオブジェクト、その他の機密情報などを消去できます。完了したら、PDFを希望のファイル保存場所にアップロードし直します。その後、PDFを安全にダウンロードして共有したり、Chromebookから印刷したりできます。

PDFの変換、共有、送信など、**Acrobat DC**を使用してできることをさらにご紹介します。