在宅勤務やリモートワークに役立つツール

ホームオフィスやソファで仕事をするのに必要なツールをご紹介します。

自宅で仕事をするのが当たり前の時代になりました。新型コロナが世界的に流行する前から、企業はリモートワークを求め始めていました。しかし、隔離された時点で私たちはリモートワーカーになったのです。

自宅のソファはいわば新しいオフィスですが、同僚やクライアントとうまくつながるにはリモートワークに適したツールが必要です。自在宅勤務に欠かせないツールをいくつかご紹介しましょう。

コミュニケーションを取りやすくする方法

良い通信プラットフォームが必要になるでしょう理想的には、メッセージングと通常の通話とビデオ通話をサポートする必要があります。メールや携帯電話を使ってやりくりできますが、すべての通信を1か所に集めれば、物事を整理できます。

ビデオ会議ソフトウェアのオプションは数多く用意されています。それぞれに独自の機能やメリットがありますが、選択した項目が画面共有をサポートしていることを確認してください。

ファイルの共有

ファイル共有は、リモートワークに不可欠な要素です。クラウドベースのファイルストレージサービスを使用する可能性が高くなります。繰り返しになりますが、ここには書ききれないほど多くの利用可能なオプションがあります。特徴を見直し、自分に合ったものを選ぶか、もしくは勤務先で指定されたものを使用しましょう。

インターネットアクセスの安全確保

リモートワークは、インターネット接続の安定性に依存します。Wi-Fiがダウンした場合に備えて、信頼性の高いモバイルホットスポットを用意してください。インターネットサービスプロバイダーがケーブルを束ねてくれないと、自分の仕事がはかどらないというのでは困ります。

ドキュメントをリモートで処理する方法

最後に、ファイルやドキュメントを処理するツールが必要になります。ほとんどのファイルタイプでは、通常は業界標準のソフトウェアを使用します。例えば、Adobe Acrobat DCでは、PDFの処理が高速で簡単になります。

Acrobat DCを使用すると、編集可能なPDFをどこからでも共有できます。コメントや注釈を簡単に追加したり、簡単に共有できるようPDFを圧縮したり、契約書やフォームに署名したり、その他多くのことが可能です。

PDFをオンラインで操作する方法は、ほかにもいろいろあります。自宅で効率よく仕事をするために、**Acrobat DC**でできることをすべてをご紹介します。