予算表PDFの作成方法

毎月の予算に含めるべき日常的な項目や、独自の予算PDFテンプレートを作る方法について詳しくご紹介します。

予算を作成すると、今後の支出を簡単に確認することができ、自分のお金の流れを正確に把握することができます。個人用、家計用、またはビジネス用のいずれの場合でも、既製の予算PDFテンプレートを使用することも、独自のカスタマイズをすることも可能です。それでは、一般的な予算案の内容を確認しましょう。

予算に入れるべき項目

一般的に、予算とは、収入と支出のバランスを示すものです。多くの請求書は30日ごとに発行されるため、月ごとに分割して予算を作成するのが一般的です。一から独自の予算テンプレートを作りたい場合は、以下のような一般的な支出の内訳を参考にしてください。

住宅ローン、家賃、リース(固定資産税や管理費用を含む)

債務(個人ローン、ビジネスローン、学資ローン、クレジットカード)

光熱費(水道、電気、ゴミ、電話、インターネット)

サブスクリプション(データプラン、ソフトウェアおよびアプリ、ストリーミングサービス)

交通費(車の支払い、自動車保険、駐車場代、公共交通機関の料金)

健康保険(医療保険、歯科、眼科)

衣料品(仕事、レジャー)

食費(食料品、外食)

日用品(バスルーム用品、掃除用品)

旅費、娯楽費

貯蓄、退職金制度

特別費

また、オンラインで個人用またはビジネス用の予算テンプレートを検索して、簡単に数字を入力することもできます。ほとんどがExcelシートなので、ある程度のカスタマイズが可能です。自分に必要なカテゴリーを追加したり、削除したりできます。

ニーズに合ったテンプレートを手に入れたら、簡単にPDFに変換して保存したり、他の人と共有したり、電子署名を集めたりすることができます。モバイル用のPDFリーダーを使えば、スマートフォンでも予算を確認することができるので、1日中どこにいても計画通りに行動することができます。

**Acrobat DC**の様々な機能をご紹介します。安心・安全でどこからでも使いやすいPDFを作成してみましょう。