自動署名の使い方

自動署名を使った3つの方法で、仕事を効率化しましょう。

自動署名を使えば、書類のやり取りの遅れを減らし、コストを削減できます。ほぼすべてのデバイスから、そして実質世界中どこからでも、重要な文書に簡単に署名できるようになります。ここでは、自動署名を使って仕事をよりスムーズに進めるための、3つの時間節約方法をご紹介します。

1. テンプレートを作成

ドキュメントテンプレートを使えば、メールでのやりとりを自動化でき、ハードコピーを完全に置き換えることができます。例えば、新規顧客の契約時に、書類にサインをしてもらう必要があるとしましょう。それぞれのお客様に来社してサインをしてもらう代わりに、オンラインでの電子署名に切り替えることで、利便性と効率性を実現することができます。

ドキュメントのテンプレートに自動署名を入れることで、時間を節約することができます。自動署名に慣れていない方は、手始めにAdobe SignなどのPDFマネージャーを使ってみてはいかがでしょうか。

2. 文書の署名を検証

契約書やNDAなどの法的文書の署名を検証することは非常に重要です。このプロセスを効率化するために、PDFマネージャーにアクセスして検証の設定を確認し、ドキュメントの環境設定を変更します。

これで、署名された文書を開くたびに、それぞれの署名が自動的に検証されます。

3. 文書への電子署名

自動署名を設定すると、賃貸契約書や雇用契約書などの文書に電子署名を行うことができます。ここでは、Signを使った方法をご紹介します。

Signで文書を開きます。

Signプロンプトまたはフィールドをクリックします。

または、「管理」にアクセスし、「待機中」/「表示と署名」を選択します。

「適用」、または「クリックして署名」を選択します。

自動署名を変更したり、新しい署名を追加したりする必要がある場合は、自分のプロファイルに戻り、いつでも「作成」をクリックしてください。また、文書にイニシャルを入れる必要がある場合は、「作成」を選択して、電子イニシャルを設定します。さらにセキュリティを強化するには、証明書ベースのデジタル署名を設定します。

**Sign**の様々な機能を使って、自動署名テクノロジーを有効活用しましょう。