ペーパーレスオフィスの利点

ペーパーレスオフィスを実現するには、業務をデジタル化することが重要です。ここでは、その理由をご紹介します。

ペーパーレス化したオフィスは、未来のものではなく、すでに現在のビジネスの姿になっています。デジタル化された文書やアーカイブは、書類棚をなくし、紙や印刷のコストを削減します。そして、組織を効率的で、安全・安心な環境にしてくれます。

ペーパーレスオフィスにする必要性とは?

オフィスのデジタル化を検討しているがまだ決めかねているという方に向けて、ペーパーレスオフィスの特徴と検討すべき理由をご紹介します。

**効率性の改善:**特定の書類を探しているのに、机の上や引き出し、書類棚の中が整理できていない紙であふれている、そんな経験はありませんか?デジタルでファイリングを行えば、机の上が散らかることはありません。コンピューター上でファイルを整理したり、ファイルシステムを柔軟に修正したりすることができます。また、簡単に検索できる機能を備えているので、必要なときに必要なものを見つけることができます。

**共同作業を奨励:**デジタルドキュメントを使うと、共同作業が簡単になります。ファイルを印刷し、サインをしてスキャンし、メールで送信する代わりに、共有されたデジタルドキュメントを使って、同僚とリアルタイムで共同作業することができます。

**コストの削減:**ペーパーレス化したオフィスでは、紙だけでなく、プリンターのインクやトナー、郵便料金、さらには書類の保管スペースなど、ビジネスにかかる大きな費用を削減することができます。

**柔軟性の向上:**デジタル化されたファイルを使用すると、いつでもどこでも作業ができます。さらに、ビジネス文書を共有ドライブに置いておけば、誰もが重要なファイルにアクセスできるようになります。例えば、重要なプレゼンテーションの日に主要なチームメンバーが外出していても、そのメンバーが作成していたドキュメントにアクセスすることができます。

**コンプライアンスとセキュリティの確保:**企業は、収集した顧客情報に対して責任を負います。また、多くの国では、情報漏えいの可能性がある場合、セキュリティを確保するための規制を設けています。紙ベースのシステムではこうした規制を遵守することは困難です。例えば、机の上に放置された社外秘の書類や誤って紛失した書類は、容易に他者に入手されたり盗まれたりする可能性があり、セキュリティ上の脅威になり得ます。

ドキュメントをさらに活用

Adobe Signを使って、デジタルドキュメントによる安全な共同作業、署名、共有を行う方法をご紹介します。