電子署名ワークフローとは?

電子署名ワークフローが、繰り返し行われる文書の照合作業や署名の収集作業にいかに役に立つかご紹介します。

文書の署名プロセスをカスタマイズして自動化したいと考えている企業にとって、電子署名ワークフローは新たな心強いパートナーです。電子署名ワークフローは、特定のフォームを誰が受け取るのかということや、特定のグループにどの文書を同封すべきかなど、文書への電子署名の収集方法をカスタマイズできます。

電子署名ワークフローをカスタマイズする方法

電子署名ワークフローでは、文書の照合や署名の際に起こりがちな、重要なページが書類の山に埋もれてしまうなどの事態を避けることができます。また、電子署名ワークフローを使うと、署名のための文書の照合や正しい受信者への送信など、面倒な作業に費やされる時間を大幅に削減できます。

電子署名ワークフローをビジネスに合わせてカスタマイズする具体例を以下にご紹介します。

新入社員採用、新規顧客、契約更新など、一般的によくあるビジネス業務のためのドキュメントパッケージを作成します。

受信者ごとに異なる役割(署名者、承認者など)を割り当て、文書を適切な受信者に適切な順序で送付します。

リマインダーやアラートを設定して、特定の文書に署名するタイミングを各受信者にお知らせします。

電子署名ワークフローをカスタマイズして自動化することで、文書の署名、検証、承認をこれまで以上に迅速に行うことができます。

電子署名を使って、日々の業務をより迅速に実行しましょう

電子署名とカスタマイズした電子署名ワークフローを使用することで、文書の署名を手配したり、レビューや承認を依頼したりするために費やしていた膨大な時間を節約することができます。ビジネスで役に立つ、**Adobe Sign**の様々な機能をご紹介します。