チームのためのリモートコラボレーションツール

ジョブに適したツールを活用して、離れた場所にいる従業員どうしが、どこからでも簡単に共同作業できるようにしましょう。

リモートコラボレーションツールとは?

リモートコラボレーションツールは、コミュニケーション、ファイル保存、プロジェクト管理などの機能を提供して、チームでの共同作業をサポートするソフトウェアまたはWebベースのアプリケーションです。

チームが必要とするすべてのものをアクセスしやすい場所に集めることで、オフィスに出向く必要はなくなり、プロセスを効率化してビジネスを効果的に推進します。リモートコラボレーションツールを使えば、チームがどこにいても、スムーズに共同作業を行うことができます。

業務に欠かせないツール

リモートコラボレーションツールには、様々な形や大きさがあります。現在、多くの選択肢がありますが、どれが最適なものかを判断するのは簡単とは限りません。ここでは、リモートでチームをスムーズに運営できるように、最低限必要なソフトウェアツールをご紹介します。

コミュニケーション:給湯室などに集まることができなくても、チームコミュニケーションツールを使えば、メンバーにメッセージを送ったり、リモートでビデオ会議を行ったりできます。

ファイルの保存:ファイルを保存する場所を1箇所用意すれば、チームメンバーはボタンをクリックするだけで必要なファイルにすぐにアクセスできるようになります。

ファイルの共同作業:コンテンツの追加、コメントの作成、ファイルの編集などを、チームで同時に行うことができます。

タイムトラッキング:リモートタイムトラッキングツールを使って、リモートで働く従業員の時間の使い方を管理できます。

認証:Adobe Signなどのソフトウェアを使えば、どのデバイスからでも請求書や書類に電子署名やデジタル署名を追加できるので、リモート認証を簡略化できます。

適切なリモートコラボレーションツールがあれば、チームのメンバーがどこで仕事をしていても、ビジネスを進めるために必要なものをすべて手に入れることができます。

**Sign**を使えば、リモートで簡単に公式の署名を加えることができます。Signのリモートワーク向けの便利な機能を他にもご紹介します。