ビジネスを効率化する署名の自動化

デジタル署名の自動化により、ビジネス文書の署名をより早く、より低コストで行う方法をご紹介します_。_

実際には、あらゆるビジネス上の意思決定や取引において、署名が必要です。請求書の承認、契約書、さらには休暇の申請などにも署名が必要です。しかし、毎日何十枚もの書類に署名しなければならないとなると、それをこなすのは大変です。

デジタル署名の自動化をビジネスに導入することで、プロセスの管理がしやすくなります。

署名の自動化とは?

署名の自動化とは、電子署名やデジタル署名を利用して文書の承認や検証を行うことです。電子署名を使えば、紙にペンで書く代わりに、電子文書に法的拘束力のある電子印鑑を押すことができるのです。デジタル署名は、電子署名の中でも特にセキュリティが証明されたものです。

署名の自動化は、電子署名ソフトウェアを使用して、署名を依頼したり受け取ったりするためのワークフローやプロセスを確立します。多くの場合、メールやクラウドプラットフォームを通じて、PDFファイルを共有することになります。

どのような利点がありますか?

署名を自動化する最大の利点は、時間とコストを削減できることです。文書を印刷する必要がなくなり、紙とインクを無駄にすることがなくなります。デジタルドキュメントの送受信はほぼ瞬時に行われ、署名の追加もマウスを数回クリックするだけです。また、モバイルソリューションを使えば、どこにいても署名を受け取ったり、依頼したり、追加したりすることができます。

署名の自動化は、署名のワークフロー管理にも役立ちます。文書の追跡や受信者の設定が簡単にでき、文書の滞留や紛失を防ぐことができます。また、電子署名ソリューションをあらゆる部門やアプリケーションに統合することもでき、手動でのデータ入力やヒューマンエラーの可能性を減らすことができます。

署名の自動化を始めるには?

Adobe Signを使えば、PDFへの署名の依頼や追加が簡単にできます。署名ワークフローの作成、署名プロセスの追跡、そしてアラーム通知の送信をすばやく行うことができます。また、Signは数多くの一般的なビジネスツールと統合しているので、簡単に実装することができます。

ビジネスで役に立つ、**Sign**の様々な機能をご紹介します。