部署を超えた共同作業を簡略化

プロジェクトを正確に、効率的に完了させるために、部署を超えて共同作業しやすくする方法をご紹介します。

多くの場合、ある分野の専門家が所属する様々な業務部署は、同じ建物内や同じ場所にはありません。このことは、効果的な共同作業が必要な場合には問題となるかもしれませんが、ビジネスを成功させるためには、うまく共同作業を進めることは不可欠です。部署間でより効果的に協力する方法をご紹介します。

部署を超えてスムーズに共同作業を行うためのヒント

離れた場所にいる場合や、共同作業に慣れていない場合など、異なる部署間で協力し合うことは必ずしも簡単ではありません。しかし、共同作業の重要性は変わりません。

ここでは、部署を超えてスムーズに共同作業するためのヒントをご紹介します。

企業文化として共同作業を組み込む:企業文化として共同作業が根付いていれば、各部署のメンバーが協力し合う可能性は高くなります。チーム作りの活動やミーティング、プロジェクトの定期的なフォローアップを行うことで、部署間の信頼関係を構築しましょう。

コミュニケーションチャネルを明確にする:部署間のコミュニケーションをとりやすくするソリューションを導入します。コミュニケーションがとりやすければ、部署間のやりとりも活発になります。

コラボレーションツールの活用:プロジェクト管理やコミュニケーションソフトウェアなどのオンラインツールを活用することで、時間や場所を問わず、各部署がプロジェクトを同じ方向に進めることができます。

フィードバックの奨励:各部署のメンバーからのフィードバックに耳を傾けます。何が効果的か、そして何が作業を困難にしているのかを教えてくれます。フィードバックを受けて、部署を超えた共同作業をより良くするためのソリューションを導入します。

承認プロセスの簡略化

多くの企業では、ある部署から別の部署にプロジェクトを引き継ぐ前に、マネージャーが署名入りで承認する必要があります。プリンターやスキャナー、ファックスなどを使った昔ながらの方法で署名する場合、効率が悪くなり、部署を超えた共同作業を進めにくくなります。

実際に署名をする代わりに、電子署名やデジタル署名をすることができるAdobe Signのようなソフトウェアを使用します。そうすることで、部署の管理者はボタンをクリックするだけで承認印(署名)を加えることができるので、プロジェクトの承認が簡単になり、他の部署への送信を滞りなく行うことができるようになります。

**Sign**の様々な機能を使って、部署を超えた共同作業を簡略化する方法をご紹介します。