ワークフローの自動化のためのガイド

手作業を自動化するソフトウェアで業務を効率化しましょう。

ワークフローの自動化とは、データ入力などの手作業を、人の代わりにソフトウェアに処理させることです。このプロセスにより、社員や管理職、さらにはお客様が、以下のようなもっと重要なことに時間を使えるようになります。

関係の構築

問題解決

批判的分析

ワークフローの自動化を導入してみませんか?以下のガイドラインをご確認の上、ご検討ください。

自動化による時間短縮

ワークフローの自動化を導入した企業の多くは、2つの理由でその効果を実感しています。1つ目は時間の短縮、もう1つはコストの削減です。まずは、1つ目の利点を見てみましょう。

毎日の仕事について考えてみてください。おそらく同じ作業の繰り返しが多いはずです。例えば、次のような業務を行っていませんか?

何度もメールを送信する

大量のデータ入力を行う

多数の定期的な通知とアラートを管理する

自分でこれらの業務を処理する必要がないとしても、おそらくあなたの部下がこれらを処理しているはずです。ワークフローを自動化すれば、自分たちの余分な業務をなくすことができます。この時間を節約することで、人が直接注意を払う必要のある、より重要な業務を行う余裕が生まます。

効率化でコストを削減

「時は金なり」という古くからのことわざをご存知だと思います。それは今でも変わりません。従業員を雇うことは、企業にとって費用がかかるものです。給与、福利厚生、ボーナスは、一般的に、企業の経費の大部分を占めています。

一方で、ワークフローの自動化にはそれほど費用がかかりません。実際には、従業員の勤務時間を短縮し、結果として企業のコスト削減にもつながります。さらに、ワークフローをデジタル化すれば、紙やプリンターインクなど会社の消耗品にかかるコストを減らしたり、または完全になくしたりできます。例えば、ハワイ州では、紙に印刷した書類への署名をデジタルワークフローに切り替えることで、わずか2年余りで500万ドルを節約しました。また、毎日24,000枚の紙を節約することにもつながりました。

**Adobe Sign**を使って、ビジネスをより効率的に進める方法をご紹介します。