顧客体験を向上させるプラットフォーム

Adobe Cloud Platformは、コンテンツとデータとアクションを結び付け、顧客体験を向上させます。データを収集し、管理するだけでなく、Adobe Senseiを利用したオープンで拡張可能な機械学習と人工知能(AI)のフレームワークを提供します。これらを組み合わせることで、顧客の期待に沿った体験を確実に提供することができます。

 コンテンツとデータを統合

確かな基盤が確かなプラットフォームを生み出す

何よりも重要なのは、Adobe Cloud Platformなら、顧客体験を中心とするビジネスに求められるマーケティングの基礎を強化し、その連携を実現できることです。

 


    

データ

データパイプラインにより、膨大なデータを集約できます。パイプラインを通じて統合プロファイルを形成することで、プライバシーを順守しながら顧客を理解することができます。セマンティック&コントロール(データの意味解釈と照合)により、企業システム全体にわたる共通言語を持つことができるので、より深く顧客について理解できます。 
    
    

統合プロファイル

データの切れ端をプロファイルと呼ぶ場合もありますが、機械学習の力を使い、あらゆるデータを組み合わせれば、より豊かでより明確な統合プロファイルを構築できます。そしてコンテンツと組み合わせれば、データを実際のアクションに活用することができます。これにより、相手に応じた適切な顧客体験を届けることができます。
    
    

コンテンツ

データはあるべき姿の半分に過ぎません。もう半分にあたるコンテンツと組み合わせましょう。コンテンツを自在に活用するには、適切な仕組みが必要です。コンテンツワークフローの整備が、コンテンツパイプラインの加速につながります。さらに、タグ付けの自動化や画像の切り抜き、画像認識などを担う機械学習を組み合わせることで、ワークフローを効率化します。 
    

Adobe Cloud Platform Auditorとは

AuditorはAdobe Cloud Platformに追加された最新機能です。Auditorを利用すれば、導入済みのアドビ製品の健全性を把握し、改善方法に関するレコメンデーションを得ることができます。これにより、アドビ製品への投資効果を最大化できます。

Adobe Cloud Platform Launchの提供を開始

Adobe Cloud Platform Launchの提供を開始Adobe Cloud Platform Launchは、webサイトにおけるデータとテクノロジーを結び付けます。タグ管理を簡素化し、APIを通じて自動化を促進します。アドビのパートナーによって開発された統合機能により、マーケターも迷うことはありません。アドビ製品を導入しているすべての企業が利用可能です。
 

Adobe Senseiの幅広い活用

Adobe Senseiは、Adobe Cloud Platformで利用できる人工知能(AI)と機械学習のフレームワークです。アドビ製品の様々な機能でAdobe Senseiを活用しており、デベロッパーはAdobe I/Oを介してAdobe Senseiのサービスを利用し、顧客体験をカスタマイズできます。データサイエンティストはAdobe Cloud Platformの機械学習ワークスペースを利用して独自のカスタムモデルを構築できます。

Adobe I/Oでデベロッパーによるワークフローの作成が可能に

アドビはクロスクラウドのデベロッパー向け統合ポータルであるAdobe I/Oの機能を新たに強化しました。
Adobe I/O Events
デベロッパーはAdobe I/O EventsとAdobe Experience Cloud APIを使用して、カスタムアプリケーションをアドビテクノロジーと統合し、拡張、構築できるようになりました。
Adobe I/O Runtime
Adobe I/O Runtime(ベータ版)を使用すれば、デベロッパーはサーバーレス環境でコーディングをおこない、Adobe Senseiの人工知能(AI)および機械学習機能を活用して強力な自動ワークフローおよびエクスペリエンスを構築できます。
Informatica
Observe Point
TMM Data
Acxiom
branch
Clicktale
Decibel Insight
oneAudience
Hootsuite
INVOCA
Microsoft

Adobe Exchangeを利用して、Adobe Experience Cloudの価値を高める

アドビのテクノロジーとデータのエコシステムは500を超えるパートナーとアプリケーションから構成されており、これらを利用することでイノベーションを促進し、アドビ製品への投資効果を最大化できます。Adobe Exchangeパートナーが提供する電話コールアトリビューション分析やコマース、サードパーティデータ、モデリングなどのアプリケーションを利用すれば、Adobe Experience Cloudの機能を拡張できます。