ミッションクリティカルな顧客体験

顧客体験はビジネスにとって必要不可欠な要素であり、IT部門における最優先事項になっています。優れた顧客体験の実現に向けて、デジタル変革を推し進めましょう。アドビがお手伝いします。

Adobe Experience CloudとIT

アドビのエンタープライズ向けマーケティングツールについてより深くご理解いただくために、Adobe Experience Cloudに関するIT担当者向けのリソースをご用意しました。まずは、企業のデジタル変革において、IT部門が果たすべき重要な役割を解説する記事をご覧ください。

革新的な顧客体験の実現には、革新的なテクノロジースタックが必要です。

顧客体験はビジネスにとってプラスの要素

成功を収めている企業は、顧客体験を中心にデジタル変革を推進し、結果を出しています。Forresterの調査によると、それらの企業のROIは242%、従業員ひとりあたりのNPV(正味現在価値)は1,656ドルに達し、コンバージョンは25%向上しています。すなわち、顧客体験には投資するだけの価値があるのです。

アドビ製品の利点

目的に即した顧客体験管理(CXM)テクノロジー

顧客体験管理(CXM)の応用領域は、CRMやCDP、顧客エンゲージメントといった従来のカテゴリーよりも広範囲にわたります。アドビのCXMテクノロジーは、他のユースケースからの再利用ではなく、CXMに特化して開発されたものです。アドビは今後も、CXM専用テクノロジーの開発を推進していきます。

リアルタイムの顧客プロファイル

データが複数のシステムに分かれて管理されていると、詳細な顧客像は獲得できません。Adobe Experience Platformなら、継続的なインテリジェンスにより、あらゆるデータをまとめてリアルタイムの顧客プロファイルを作成し、真の意味でパーソナライズされたエクスペリエンスを提供できます。

自由な拡張により俊敏性を強化

作業の高速化、効率化が求められる中、アドビはオープンソース技術に取り組み、様々なAPIを用意しているので、費用の掛かるシステムインテグレーターに頼ることなく必要なものを自由に開発できます。

顧客エクスペリエンスに対応した継続的インテリジェンス

リアルタイムに最良の決断を下すには、継続的なインテリジェンスが欠かせません。Adobe Senseiにより、顧客体験管理用にトレーニングされた高性能な人工知能(AI)や、お客様独自にトレーニングしたモデルを利用して、より迅速にイノベーションを起こすことができます。

プライバシー、コンプライアンス、セキュリティを考慮した設計

あらゆる技術にはトレードオフがあり、イノベーションにはリスクが付きものです。しかし、アドビ製品にはプライバシーとセキュリティ関連の機能が組み込まれており、一般データ保護規則(GDPR)などの規制を遵守し、先進の取り組みに起こりがちなリスクを軽減します。

ハイパフォーマンス&世界規模

重要なのは、顧客体験に対応できる時間です。アドビは世界各地にデータセンターを設置し、先端技術への投資を続けているため、たとえデータがペタバイトやエクサバイトの規模になっても高速かつ信頼できるパフォーマンスを提供できます。

Gartnerの調査レポート「Magic Quadrant for Digital Experience Platforms(デジタルエクスペリエンス プラットフォーム分野のマジッククアドラント)」2019年版においてリーダーに選出

顧客エクスペリエンス業界をリードするアドビ

アドビは、顧客体験の活用のために必要な様々なテクノロジーにおいて、アナリストからリーダーに選出されています。

SILICOM LABS

「当社では、オンプレミスの環境の管理よりも、新製品の設計にリソースを投資したいと考えています。Adobe Experience Managerをクラウド環境で利用することで、コアコンピテンシーに注力し、効率的な拡大が可能になりました」

Sherri Wood氏(Silicon Labs、ITディレクター)

Silicon Labsでは、アドビ製品を利用して、グローバル規模で誰もがコンテンツアセットを管理できるようにし、詳細な顧客インサイトを獲得しています。その結果、ITチームは従来通りにマーケターをサポートしながらも、より重要な課題に集中して取り組めるようになりました。

関連トピックス

データサイエンティストの需要がかつてないほど増大

Adobe Experience Cloudがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。

Adobe Experience Cloudがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。