広告にとって、透明性は選択肢ではなく不可欠な要素

企業が可視性を求めるのは当然です。広告主企業は、自社の広告がどこに掲載され、どのくらいの費用がかかり、どのような影響を与えているかを知る必要があります。また、アドフラウドや不快なコンテンツによってブランド価値が損なわれないことを確認する必要があります。今日のようにメディアが細分化し、データやテクノロジーのツールが多様化している状況では、信頼のおける、透明性の高い広告基盤が必要になります。
効果的な広告展開には透明性が不可欠
Forrester
アドビは「The Forrester Wave™:Omnichannel Demand-Side Platforms(オムニチャネル型デマンドサイドプラットフォーム)、2017年」においてリーダーに選ばれました。
 

広告プラットフォームのアカウンタビリティ

アカウンタビリティには透明性が不可欠です。そのためには、複数のポイントソリューションで管理するのではなく、あらゆるメディア費用をひとつの場所で確認できる必要があります。必要なのは、デジタルとテレビの広告を含む、あらゆるチャネルの広告インベントリに対応できるオープンな基盤です。また、クライアント企業の目標を最優先とし、自らが持つ広告インベントリの利益は二の次として協力してくれる独立系のパートナーが必要です。さらに、広告とそれ以外のマーケティング施策を統合できる基盤が必要です。
インベントリの透明性
インベントリの透明性
広告がどこに掲載されているかをサイトレベルまで正確に把握できる必要があります。また、リアルタイムに対応するためには、リアルタイムなレポート機能が必要です。
費用の透明性
費用の透明性
一つひとつの広告掲載にどのくらいの費用がかかっているかを視覚化できる必要があります。ブラックボックスでは困ります。
業績アップ
パフォーマンスの透明性
キャンペーンのパフォーマンスをクリエイティブレベルで把握し、ブランドセーフティやアドフラウド対策などを可視化できる機能が必要です。

 

プログラマティックなアプローチが広告の未来を切り拓きます。その未来とはどのようなものでしょうか。

 

プログラマティック広告のユーザー事例

Heineken

動画広告で目覚しい成果

Heinekenがどのようにプログラマティック動画広告を利用して顧客に働きかけ、グローバルな動画広告を展開したかを紹介します。

変わりゆく広告システムについていくには

優れた広告は無数のつながりからできています

必要なデータを収集し、顧客とつながる方法について解説します。
優れた広告は無数のつながりからできています

プログラマティックTVの状況

プログラマティックTVの状況

TV広告の最新トレンドについて解説したアドビのブログ記事をお読みください。

広告管理を透明化するAdobe Advertising Cloud

最大規模の独立系広告プラットフォームであるAdobe Advertising Cloudを利用すれば、最も価値の高い顧客に狙いを定めて、カスタマイズされた魅力的な広告をリアルタイムに配信し、デジタルチャネルか旧来のチャネルかを問わず、あらゆる広告メディアをまたいで広告費を管理できます。さらに、Adobe Experience Cloudのエコシステムと連携させれば、マーケティングスタック全体を可視化できます。

プログラマティック広告の導入と透明化をサポートするアドビのソリューション

オーディエンスの定義
あらゆるデータをひとつの基盤に集約することで、オーディエンスを理解します。
オーディエンスへのリーチの拡大
オンラインとオフラインのあらゆるチャネルをまたいで広告やオーディエンスを追跡することで、時間と費用を節約します。
広告の最適化
広告体験をパーソナライズすることで、広告費の投資効果を向上させます。