広告にとって、透明性は選択肢ではなく不可欠な要素

興味や関心、性格も異なるあらゆる顧客とつながることは、容易ではありません。顧客ごとに最適なアプローチを見つけ出すことは難しい課題です。分断されたインベントリやチャネルからオーディエンスに関するインサイトを得ようとしても、顧客のニーズを推測するのは不可能です。顧客を効率的に理解するには、離れた点と点をつなぐ必要があります。マーケティングや広告とデータを統合すれば、キャンペーンは一度限りのものではなく、継続的な体験へと変化します。
効果的な広告展開には透明性が不可欠
Forrester
アドビは「The Forrester Wave™:Omnichannel Demand-Side Platforms(オムニチャネル型デマンドサイドプラットフォーム)、2017年」においてリーダーに選ばれました。
 

顧客とつながるには、包括的な戦略が必要です

顧客の選択肢はかつてなく広がっています。つまり、購入への道のりは単純な一直線ではなく、ブランドの差別化や、効果的な広告によってオーディエンスとつながることが、以前に増してより困難になっているのです。こうした目標を達成するには、責任の所在が明確で、顧客を第一に考える優れた広告戦略が必要です。また同時に、データとメディアチャネル、クリエイティブの方向性を統合するものでなければなりません。そうして初めて、顧客を魅了する、マーケティングと連動した広告が可能になります。
オーディエンスデータを活用
オーディエンスデータを活用
オーディエンスデータを適切に管理して、広告費の投資対効果を向上させる広告展開を可能にします。オーディエンスに関する深いインサイトを使用して、メディアのプラニングやバイイングをよりスマートかつ戦略的に実施し、コンバージョンの向上につなげます。
あらゆるメディアチャネルを連携
あらゆるメディアチャネルを連携
TV、web検索、ディスプレイ、デジタル動画、ソーシャルメディアなど、あらゆるメディアを包括する広告戦略をひとつのデジタル基盤で展開できます。クロスチャネルメディアに対応する真の広告計画があれば、オーディエンスリーチと露出頻度をより正確に管理できるようになります。
クリエイティブをメディアに直結
クリエイティブをメディアに直結
メディアプランニングとバイイングプロセスにより、パーソナライズされた広告体験をより効果的に制作、提供しましょう。共同作業と迅速な編集、クリエイティブアセットの共有などにより、パーソナライズされた広告をメディアやチャネルをまたいで大規模に展開できます。

大量のインサイトをひとつの基盤で容易に管理

顧客体験中心のビジネスに関する数百もの記事を、アドビの新しいポータルAdobe Insightsに集めました。

プログラマティック広告のユーザー事例

Heineken

動画広告で目覚しい成果

Heinekenがプログラマティック広告を利用してどのように顧客とつながり、グローバルな動画広告を成功させているかをご覧ください。

変わりゆく広告システムについていくには

優れた広告は無数のつながりからできています

必要なデータを収集し、顧客とつながる方法について解説します。
優れた広告は無数のつながりからできています

TV広告に押し寄せる新しい波

TV広告に押し寄せる新しい波

アドビは、よりデータにもとづくターゲティングの自動化を率先して推進します。

Adobe Advertising Cloudはつながりをサポートします

最大規模の独立系広告プラットフォームであるAdobe Advertising Cloudを利用すれば、最も価値の高い顧客をターゲティングして、カスタマイズされた魅力的な広告をリアルタイムに配信し、デジタルと旧来を含むあらゆる広告メディアをまたいで広告費を管理できます。また、Adobe Experience Cloudのエコシステムと連携すれば、すでに使用しているあらゆるマーケティング基盤を相互に接続し、オーディエンスとのつながりを深め、 優れたビジネス成果を獲得できます。

アドビは広告戦略とマーケティング戦略を連携させ、連続性が保たれた顧客体験の創出へと変革します

オーディエンスの定義
あらゆるデータをひとつの基盤に集約することで、オーディエンスを理解します。
優良顧客を獲得する
優れた顧客理解により、より多くの顧客を見つけ出し、獲得する方法をご覧ください。
広告の最適化
広告体験をパーソナライズすることで、広告費の投資対効果を向上させます。