膨大なデータをマーケティング施策につなげる

多くの場合、企業は汎用的なアナリティクスツールを利用し、データを収集しています。そのとき、いかにデータを使うかによって、結果は大きく変わります。訪問者数やクリック数をただ集計するだけでは、もはや不十分です。セグメント化やクロスチャネル分析、オーディエンスの拡充、予測分析を通じて、データからインサイトを導き、より精緻な顧客理解のために活用すべきでしょう。アドビでは、これを「360度の顧客像(顧客の全体像の把握)」と呼んでいます。これこそが、データをアクションに変える原動力になります。 
データ収集をマーケティング行動につなげる
Gartner
デジタルマーケティング アナリティクス分野に関するGartnerのレポートの中で、アドビはリーダーと評価されました。
 

インサイトを得てから行動に移すまでの時間を最大限に圧縮

専門家がデータを分析してくれるまで待っている余裕はありません。顧客は待ってはくれないからです。関係者全員がデータにアクセスできれば、組織は迅速に行動できます。まずは、顧客をあらゆる角度から理解し、機械学習と人工知能を活用して、単純なweb分析を脱却します。顧客の全体像を把握して、顧客体験をリアルタイムに提供しましょう。
web分析
web分析
膨大なデータ、トラフィック、サイトのナビゲーションパターンを整理し、分かりやすく視覚化してレポートします。
マーケティング分析
マーケティング分析
人工知能と機械学習を駆使して、隠れたチャンスを見つけ出し、すばやく行動に移します。
オーディエンス分析
オーディエンス分析
独自のオーディエンスプロファイルを構築して最も価値の高いセグメントを特定し、チャネルをまたいで活用します。
モバイル分析
モバイル分析
顧客がアプリを選ぶ理由や利用し続ける理由、そして顧客を呼び戻す方法を明らかにします。
予測を可能に
予測を可能に
データはもはやただの情報ではなく、予測分析に活用される時代になりました。その結果、今まで考えもしなかった問いへの答えが得られます。

データをマーケティングに生かす

適切な顧客に的確なタイミングでリーチすることは、あらゆるマーケターが目指す目標です。データを活用して効果的なマーケティング施策を展開する方法を学びましょう。
 

分析に成功したトップブランドの事例

日産

強力な分析で顧客と強固な関係を構築

日産はAdobe Experience Cloudを活用し、デジタルと現実世界の両方から得たリアルタイムの顧客情報にもとづいて、パーソナライズされた魅力的なエクスペリエンスを社員の手で構築できるようにしています。

顧客行動を可視化

ベネッセは、グループが運営するサイトのクロスドメイン分析により、サイト間を行き来する訪問者ニーズを発見し、効果的なクロスセルに結び付けました。
ベネッセ

Hyatt

豊かなカスタマージャーニーを構築

「Adobe Analyticsを活用すれば、オンラインでのあらゆる顧客とのやりとりをデータ化し、個々のホテル単位で捉えることができます。ホテル別のダッシュボードがあるので、各ホテルの戦略のパフォーマンスをリアルタイムで把握できます」
Forrester

アドビは「The Forrester Wave: デジタルインテリジェンス プラットフォーム (2017年第2四半期)」における唯一のリーダーです。

顧客の全体像の把握に最適な分析機能をアドビは提供します

アドビなら、インサイトをアクションにつなげることができます。Adobe Analytics Cloudは、顧客体験を向上させ、ビジネスを成功に導くための基盤です。データを活用すべき社員全体が分析データにアクセスし、活用できる仕組みを提供します。正確なセグメント化によって、価値あるオーディエンスへとリーチする最良の方法を把握し、カスタマージャーニー全体を客観的に把握できるようにします。しかも、リアルタイムで進めることができます。 

分析の活用事例と導入方法をご覧ください。

顧客の全体像の把握
あらゆる角度から顧客の全体像を構築します。
アプリのエンゲージメントを強化
モバイルアプリによってエンゲージメントを高めます。
予測分析
顧客のニーズを予測します。