CMSクラウド
 

コンテンツ管理がマーケティングの成功の阻みます。

オンサイトでのコンテンツ管理では社内アーキテクチャの課題にぶつかります。
拡張が困難
拡張が困難
カスタマイズが困難
カスタマイズが困難
高い導入コスト
高い導入コスト
データセキュリティが不十分
データセキュリティが不十分
 

コンテンツ管理をクラウドに移行すれば、様々な利点が生まれます。

CMSクラウドの基盤なら、従来の課題を解決しながら、優れたコンテンツ管理が可能です。

安心感
安心感
予期せぬ障害が起きると、生産性や収益、顧客ロイヤルティ、ブランドイメージに影響を及ぼします。通常、CMSクラウドにすることで故障率が低下します。また、問題が生じた際は、CMSクラウドベンダーの専門家が対応します。
拡張が容易
拡張が容易
グローバルにまたがるインフラ導入に取り組まなくても、コンテンツの需要拡大に合わせてキャンペーンをすばやく容易に拡張できます。
俊敏なコンテンツ管理
俊敏なコンテンツ管理
リソースに限りがある組織でも、モバイルやweb、店鋪内、新興チャネルのコンテンツの共有や最適化、提供をすばやく柔軟におこなえます。
迅速な導入とセキュリティ向上
迅速な導入とセキュリティ向上
クラウドベースのアーキテクチャにより、ハードウェアのセットアップやコーディング、ストレージ管理、階層型セキュリティなど、IT部門にかかる負担が軽減します。APIによる俊敏な連携も可能です。
CMSクラウド
アドビがお役に立ちます。
Adobe Experience Managerとエンドツーエンドのマネージドサービスを活用することで、市場投入までの時間短縮やROIの向上、IT作業の合理化が可能です。

 

クラウドへの移行で競合他社を圧倒した事例

クラウドベースのコンテンツ管理で優れた顧客体験を提供している企業をご紹介します。
Joost Van Dun氏(Philips、コーポレートエクスペリエンスマネージャー)

「必要な規模と容量を常に確保できるよう、クラウドベースの環境に移行したいと考えていました」

— Joost Van Dun氏
(Philips、コーポレートエクスペリエンスマネージャー)
Craig Corte氏(Barclays Africa Group、エクスペリエンスとデザイン担当責任者)
「新しいエクスペリエンスのおかげで、従来に比べて採用実績が10倍になりました」
— Craig Corte氏
(Barclays Africa Group、エクスペリエンス/デザイン担当責任者)

 

CMSクラウドに関するFAQ

クラウドベースのコンテンツ管理では、どのようにデータを保護しますか?
アドビのマネージドサービスでは、業界のベストプラクティスやファイアウォール、ディザスタリカバリ、バックアップシステムを活用して、企業のビジネスインテリジェンスを確実に保護します。アドビのセキュリティ機能は、FedRAMPやHIPAA、PCI DSS、GLBAの要件に準拠しています。
ひとつのCMSクラウドで複数のサイトを管理できますか?
はい。Adobe Experience Manager Sitesを使えば、世界各地に向けたwebサイトやモバイルサイトを一元的に管理し、地域ごとの翻訳作業を容易に自動化できます。
CMSクラウドのセキュリティは、どのサービスでも同様のレベルですか?
サービスプロバイダーが提供するセキュリティのレベルは、IaaSとPaaS、SaaSのそれぞれで異なります。
CMSクラウドはオーディエンスへのターゲティングをどのように強化しますか?
CMSを分析やターゲティングのソリューションと連携することで、価値の高いオーディエンスをすばやく特定し、最適なコンテンツを的確な顧客に提供できます。
CMSクラウドは市場投入時間をどのように短縮しますか?
コンテンツの制作スピードを上げ、従来はキャンペーン立ち上げの遅延の原因になっていたIT作業を省くことができます。小回りがきくフレームワークで、カスタマイズも最小限で済むことから、セットアップと導入もスピーディです。
継続的インテグレーション(CI)や継続的開発(CD)に対応したクラウドベースのCMSが必要ですか?
はい。Adobe Experience Managerなら、継続的インテグレーションが求める柔軟性を提供しながらも、堅牢なフレームワークと発生した問題にステップバイステップで対応するプロセスを用いて、アプリケーションの安定性を維持できます。