魅力的なブランドストーリーを届けるための、
コンテンツ管理

 
顧客は自分に合う情報、興味を引く情報を求めています。顧客が企業のメッセージに触れるその一瞬は、とても重要です。その一瞬を捉え、相手のコンテクストに沿ったコンテンツを、適切な形で提供しなければなりません。
そのためには、様々な角度からブランドストーリーを表現する多様なコンテンツを用意し、必要なときにすぐ組み立て、顧客接点に合わせて加工して配信する、という一連の流れを自動化、効率化する必要があります。また、配信したコンテンツが相手に響いたのかを把握できれば、改善の機会も産まれます。
 
これらを実現することが、次世代のコンテンツ管理システム(CMS)基盤に求められる役割です。膨大なコンテンツの制作、保管、活用を一元管理し、webはもちろん、モバイルやデジタルサイネージといった任意のデバイスへ配信することが、CMSの条件なのです。


顧客を引きつける魅力的なブランドストーリーを創り出すためには、多様な顧客ニーズ、多彩なデバイスといった要素をすべてカバーできるように、コンテンツを用意し、いつでも使えるようにしなければなりません。膨大なコンテンツを管理し、顧客一人ひとりにあわせて活用することのできる次世代型のコンテンツ管理システムとは、どのようなものでしょうか?ガイド「コンテンツ活用のフロンティア:未来のコンテンツ管理に挑む」をご覧ください。
 

次世代のCMSに求められる条件とは

顧客の求める情報へのニーズは様々です。企業はそのニーズ全体を想定して、対応する多彩なコンテンツを制作し、揃えておく必要があります。
次に、顧客の期待は時とともに変わります。企業は顧客一人ひとりのある時点の期待、つまり顧客の「コンテクスト」を理解したうえで、適切なコンテンツを組み合わせ、顧客が接している任意のデバイスで適切に表現されるよう届けなければなりません。
さらに、顧客の反応には貴重な情報が含まれています。顧客との接触機会を最大限活用し、コンテンツに対する顧客の行動を測定、学習し、次の機会に反映できれば、顧客体験の質を高められるでしょう。
これらのコンテンツに関する条件は、顧客ニーズやビジネス戦略の変化に応じて変わります。変化する要件にあわせて柔軟に構成、展開でき、安全に維持できる仕組みがあれば、有利です。

 
コンテンツ制作のスピード
コンテンツ制作の迅速化
企画、制作、承認、公開、改訂の各ワークフローを、組織内外の関係者同士で密接に連携できるようにすれば、膨大なコンテンツのライフサイクルを効率的に管理できます。
コンテクストに即したエクスペリエンス
コンテクストに沿った提示
匿名顧客から重点顧客まで、あらゆる顧客データを集約して相手の全体像を把握し、それに応じたコンテンツを提示すれば、顧客は適切な情報を得て満足することでしょう。
コンテンツインテリジェンス
コンテンツの効果把握
コンテンツへの顧客の反応は、データとして把握できます。人工知能と組み合わせて傾向を分析、予測すれば、コンテンツの改善、パーソナライズなどの施策に活かせます。
クラウドで拡張性と安全性を確保
柔軟なクラウド基盤
基盤に求められる性能や開発効率には柔軟性が求められ、可用性や安全性には高い水準が欠かせません。これらは、クラウドによるマネージドサービスで担保することができます。

デジタルアセット活用で重要な7つのトレンド

ビジュアルコンテンツによる優れた顧客エクスペリエンス実現に不可欠な、「表示スクリーンの多様性」、「メタデータの重要度の高まり」といった7つのトレンドを解説します。
 

「コンテンツ管理」の関連記事

     

 

基礎から押さえる「コンテンツマーケティング」

「コンテンツマーケティング」への取り組みを喫緊の課題に挙げる企業が増える一方、「成果を明確化しづらい」などの理由から、着手に二の足を踏んでいる企業も多い。いま改めてコンテンツマーケティングの本質をとらえ直し、その役割を明確化する。

コンテンツ管理の成功事例

Philips

ブランドの一貫性を保ちながら、新たなエクスペリエンスを迅速に提供

「デジタルマーケティングの変革は、Philipsの次の一歩として自然なものであり、私のキャリアの中で最もやりがいのある仕事でした」
Joost van Dun氏
(Philips、企業体験およびドットコム担当マネージャー)

AIを用いた画像解析技術で デジタルアセットを一元管理 

ドームは、膨大なデジタルアセットの一元管理できる環境を構築し、広告やECサイト、店頭POPなどに使用するアセットを最適化しました。
ドーム

コンテンツ管理でビジネスを変革

 
次世代CMSに求められる、コンテンツの迅速な制作と活用、顧客コンテクストに沿った柔軟な配信、コンテンツ活用に関するインテリジェンスといった要件を、Adobe Experience Managerはすべて満たしています。CMSではかつて一般的であったオンプレミスだけでなく、クラウド基盤としても実装できます。Adobe Experience Cloudを構成する要素のひとつとして、企業のあらゆる顧客接点を支え、ビジネスを変革するデジタル基盤の役割を果たします。
 

コンテンツ管理のベンダー評価

 
企業のデジタル顧客体験の構築に欠かせないwebコンテンツ管理システム(WCM)分野で、米調査会社Forresterはアドビを「リーダー」と評価しました。
 

コンテンツ管理に関連する、企業の主な課題と解決策

しっかりとしたデジタル基盤を構築
適切なテクノロジー、フレームワーク、リソースは魅力的なエクスペリエンスの基礎になります。
チャネルをまたぐコンテンツをマスター
コンテンツ制作を一元化、合理化、自動化、最適化し、顧客の高まる要求に対応します。
一貫性のある顧客体験を創出
複数のシステムを統合し、チャネルや組織の壁を取り払えば、オムニチャネルな体験を提供して顧客を魅了できるようになります。