未来の変化に迅速に対応できるコンテンツ管理が必要です

顧客はブランドと接触するたびに、すばらしいエクスペリエンスを求めます。使用するデバイスを変えても、予想外のフォーマットに移動しても、この期待は変わりません。顧客接点が急増している今日、スクリーンやチャネルごとにエクスペリエンスを構築し続けることは不可能です。しかし、次世代のコンテンツ管理機能があれば、連続性が保たれたエクスペリエンスを構築でき、未来の変化にも柔軟に対応できます。
Gartner
webコンテンツ管理に関するGartnerのレポートの中で、アドビはリーダーと評価されました。
 

連続性が保たれたエクスペリエンスの仕組み

コンテクストにもとづいてすばやく変化するコンテンツを提供するには、管理のあらゆる要素を再検討する必要があります。コピーやメディアコンポーネントを個別に独立したパーツにして管理し、必要なときに必要なパーツを組み合わせて迅速にコンテンツを作成し、デバイスやフォーマットを問わず最高の結果を出せるエクスペリエンスを提供できるようにしなければなりません。コンテンツ管理が成功パターンを学習し、適切なコンテンツに関する意思決定をおこなえるようになると、デバイスやチャネルを問わず、優れたブランド体験で顧客を喜ばせることができます。キオスク、ウェアラブル、VR、AR、IoTなど、新しいチャネルがいくら増えても対応可能です。
コンテンツ制作のスピード
コンテンツ制作のスピード
概念からパブリッシングまでを容易に高速化して、顧客の要求に対応し、結果に結び付けます。
コンテクストに即したエクスペリエンス
コンテクストに即したエクスペリエンス
コンテクストと顧客の全体像にもとづいて最適化されたリッチなエクスペリエンスを創出します。
コンテンツインテリジェンス
コンテンツインテリジェンス
AIと機械学習を使用して、アクションを実行し、コンテンツの発見、管理、制作、パーソナライゼーション、提供、パフォーマンスまでを自動化します。
クラウドで拡張性と安全性を確保
クラウドで拡張性と安全性を確保
クラウドのコンピューティング能力によって高い拡張性を備えるとともに、ISO 27001、FedRAMP、HIPAA、GLBAその他の認証を受けた強固なセキュリティを維持します。

デジタルアセット活用で重要な7つのトレンド

ビジュアルコンテンツによる優れた顧客エクスペリエンス実現に不可欠な、「表示スクリーンの多様性」、「メタデータの重要度の高まり」といった7つのトレンドを解説します。
 

コンテンツ管理に成功したトップブランドの事例

Philips

ブランドの一貫性を保ちながら、新たなエクスペリエンスを迅速に提供

「デジタルマーケティングの変革は、Philipsの次の一歩として自然なものであり、私のキャリアの中で最もやりがいのある仕事でした」
Joost van Dun氏
(Philips、企業体験およびドットコム担当マネージャー)

AIを用いた画像解析技術で デジタルアセットを一元管理 

ドームは、膨大なデジタルアセットの一元管理できる環境を構築し、広告やECサイト、店頭POPなどに使用するアセットを最適化しました。
ドーム

コンテンツを変えれば、ビジネスも変えられる

連続性が保たれたエクスペリエンスによるエンゲージメントの大幅な向上は始まりに過ぎません。アドビの他のマーケティングソリューションと連携させれば、マーケティング活動全体を管理できるひとつの統合された基盤を手に入れることができます。クラウドで運営されるひとつの基盤でブランド体験と収益を向上させ、顧客のロイヤルティを高めていけば、ビジネス全体が顧客体験中心に生まれ変わります。

コンテンツ管理の実例と導入方法をご覧ください。

しっかりとしたデジタル基盤を構築
適切なテクノロジー、フレームワーク、リソースは魅力的なエクスペリエンスの基礎になります。
チャネルをまたぐコンテンツをマスター
コンテンツ制作を一元化、合理化、自動化、最適化し、顧客の高まる要求に対応します。
一貫性のある顧客体験を創出
複数のシステムを統合し、チャネルや組織の壁を取り払えば、オムニチャネルな体験を提供して顧客を魅了できるようになります。