コンバージョン率の最適化(CRO)とは

CROを使用すれば、webを含むあらゆるデバイスにおいて、リンクのクリックや動画の視聴、電子メールの購読、購入行動など、コンバージョンにつながるアクションの完了率を高めることができます。A/Bテストやwebサイトのパーソナライゼーションなどにより、コンバージョン率を向上します。

コンバージョン率の最適化
 

CROの実施の前には、数々の課題が存在します


ビジネスの成長により大きく貢献するには、コンバージョン率の向上を妨げる共通の課題を克服しなければなりません。
結果を測定できない
パーソナライズを実現するための有効なテクノロジーがない
統合された効果的なツールがない
統合された効果的なツールがない
データのガバナンスと管理が不十分
データのガバナンスと管理が不十分
顧客体験の成熟度が低い
顧客体験の成熟度が低い
 

CROは、様々な利点をもたらします

CROの課題を克服すれば、コンバージョン率が向上し、複数の業務目標を同時に改善できます。
収益増加とコスト削減を同時に実現
収益増加とコスト削減を同時に実現
CROでコンバージョン率を高めることにより、獲得あたりのコストを削減し、オーディエンスエンゲージメントの指標を向上させ、マクロコンバージョンを通じて高い収益を生み出すことができます。
より精度の高い顧客インサイト
より精度の高い顧客インサイト
エンゲージメントを向上させる最適化を実施すれば、ニーズ、要望、痛点、興味関心がを明らかになります。これにより、顧客が購入に至る過程の障害を除去できます。
より優れた顧客体験
より優れた顧客体験
CROはナビゲーションの向上やエンゲージメントのシンプル化、様々な障壁の緩和、オーディエンスの把握に役立ちます。
拡張可能なオーディエンスエンゲージメント
拡張可能なオーディエンスエンゲージメント
追加のリソースやチャネル、プロセスを必要とせずに、利用者のエンゲージメントを向上できます。
 
コンバージョン率の最適化
アドビがお役に立ちます。
Adobe TargetとAdobe Analyticsを組み合わせて使用することにより、顧客体験を最適化し、離脱率を下げ、コンバージョン率を向上させることができます。
 

コンバージョン率の最適化はソリューションの一部に過ぎません。

デジタルプラットフォームを改革し、シームレスな顧客体験を構築するために、様々な企業がアドビのツールを活用しています。
Trisha Martinez氏 - Ford、デジタルマーケティング事業部マネージャー
「人員が許す限り、多くのテストをおこないます」
- Trisha Martinez氏
(Ford、デジタルマーケティング担当マネージャー)

Jerome Nicolaes氏 - Loyalis、オンラインコンサルタント

「顧客に対して包括的なアプローチを取るために、あらゆるシステムを連携させる必要がありました」
- Jerome Nicolaes氏
(Loyalis、オンラインコンサルタント)

 

コンバージョン率の最適化に関するFAQ

コンバージョン率はどのように算出するのでしょうか?
訪問ごとにコンバージョンが発生する場合は、コンバージョン数をユニークセッション数で割ります。ニュースレターの購読など、訪問者が一度だけコンバージョンする場合は、コンバージョン数をユニークビジター数で割ります。
マクロコンバージョン、マイクロコンバージョンとは何ですか?
マクロコンバージョンとは、例えば購入の完了など、サイトの主な目標のことです。マイクロコンバージョンとは、例えばオファーから製品ページに向かうクリックスルーなど、補足的な目標のことです。マイクロコンバージョンはマクロコンバージョンにつながるのが理想です。
コンバージョン率を高めるためにテストすべき要素や変数は何ですか?
マイクロコンバージョンまたはマクロコンバージョンの障壁と見られる要素をテストするのがベストプラクティスです。例えば、画像、メッセージ、デザインなどです。これらは良い効果をもたらす可能性があります。
A/Bテストとは何ですか?コンバージョンの向上にどう役立ちますか?
A/Bテストでは、同じページの2つのバージョンを試すことができます。通常は、一度にひとつの変数をテストします。これにより、どちらの変数がより高いエンゲージメントにつながるかを判断できます。
最適化が必要なページの選択する方法はありますか?
通常、CROサービスプロバイダーはトラフィックが最も多いページや、購入行動に近いページから最適化を開始します。ページに十分なトラフィック量がないと、テストから判断することはできません。
テストの結果が明確でない場合はどうしますか?
テストで統計的に有意な結果が出なかった場合でも、インサイトを引き出すことはできます。例えば、テストのバリエーションが似ている、テストの仮説が弱い、などです。