キャンペーン管理
 

複数チャネルをまたぐキャンペーンでは、テクノロジーや組織上の課題が生じます。

クロスチャネルマーケティング施策を導入することは、チャネル中心の管理戦略を採用してきた企業にとって容易なことではありません。
様々なテクノロジーソリューションの混在
様々なテクノロジーソリューションの混在
データのサイロ化
データのサイロ化
目的やゴールの不統一
目的やゴールの不統一
分断された組織
分断された組織
 

クロスチャネルマーケティングの連携を図れます。

チャネルを中心とした施策の課題を克服すると、連動したキャンペーンによって多数のメリットが得られます。

顧客体験の向上
顧客体験の向上
連携のとれたクロスチャネルエクスペリエンスは、複数のチャネルやデバイス、地域をまたぐ有意義で一貫性あるエクスペリエンスを提供し、オーディエンスの満足度を高め、エンゲージメントの強化に役立ちます。
統合的な顧客像
統合的な顧客像
複数チャネルから取り込んだデータを結び付けて、統合的な顧客像を構築できます。この顧客像を、様々なキャンペーンやチャネル、製品担当者の間で共有することで、チャネルやデバイス、場所、時間を問わず、最適な顧客体験を提供できます。
獲得のスピードアップとリテンションの強化
顧客獲得のスピードアップとリテンションの強化
顧客一人ひとりの関心とコンテクストに即した方法で様々なチャネルとデバイスをつなぐようにエクスペリエンスを最適化すれば、顧客獲得に要する時間を短縮できます。どのチャネルでも、顧客がどこにいても、より有意義な顧客体験を提供できるようになれば、解約率が低下し、リテンション率が向上します。
顧客のロイヤルティとアドボカシーの向上
顧客のロイヤルティとアドボカシーの向上
連動した一貫性のあるカスタマージャーニーを体験した顧客は、企業への信頼を高め、引き続き優れた顧客体験が提供されることを期待することで、ロイヤルティが高まり、積極的な支持者になります。
クロスチャネル管理
アドビがお役に立ちます。
Adobe Campaignを利用すれば、断片的な顧客体験を、顧客がどこにいても、いつでも、顧客に合わせた適切なエクスペリエンスやメッセージ、オファーが連携した体験に変えることができます。

 

クロスチャネルマーケティングのユーザー事例

業界をリードする様々な企業が、複数のマーケティングチャネルを束ねて、豊かな顧客体験を提供しています。
Romain Roulleau氏(Accor Hotels、eコマース担当シニアバイスプレジデント)

「現在、最も利用しているソリューションはAdobe Campaignです。Adobe Campaignによって、適切なメッセージを、適切なタイミングで確実に届けることができます」
- Romain Roulleau氏
(Accor Hotels、eコマース担当シニアバイスプレジデント)
John Sahagian氏(Baxter Credit Union、マーケティング担当バイスプレジデント)
「Adobe Campaignを利用すると、どのチャネルからでも顧客にリーチできます。これは、メッセージを同期させる素晴らしい手段です」
- John Sahagian氏
(Baxter Credit Union、マーケティング担当バイスプレジデント)

 

クロスチャネルマーケティングに関するFAQ

どうすればオーディエンスから適切な評価を得ることができますか?
オーディエンスが助けを必要としているまさにその瞬間に、一貫性のある有意義で適切な体験を、あらゆるチャネルにおいて提供することです。カスタマージャーニー全体において、その機会を逃さないようにします。
現在は、各チャネルのパフォーマンスが別々にレポートされています。この状況で、アドビ製品はどのように役立ちますか?
Adobe Campaignと、Adobe Analyticsの機能であるAnalysis Workspaceの連携により、あらゆるチャネルアクティビティや予算、リソースの状況を示す事前作成済みレポートや高度なレポートが提供されるので、担当者は統合されたパフォーマンスを見ることができます。
キャンペーンを自動化しても、顧客との関係を効果的に深めることができますか?
はい。Adobe CampaignとAdobe Experience Cloudの統合により、クロスチャネルのあらゆるインタラクションを把握できます。また、高度な顧客インサイトにもとづいてエクスペリエンスを自動的に提供するキャンペーンツールによって、顧客とより深く結び付くことができます。
キャンペーンの向上に役立つパーソナライゼーション機能を求めています。複数チャネルをまたぐ効果的なパーソナライゼーションができますか?
はい。例えばAdobe Campaignでは、共有オーディエンスプロファイルを通じて明らかになった顧客の行動や好みに関するインサイトにもとづいて、電子メールやディスプレイ広告、ダイレクトメール、モバイルアプリなどのエクスペリエンスをパーソナライズできます。
クロスチャネルマーケティングによって、リマーケティングの取り組みを改善できますか?
はい。顧客とのリエンゲージメントに最も重要な時間帯は、エンゲージメントの30~90分後です。Adobe Experience Cloudのような、分析やデータ管理、キャンペーンの自動化、オーディエンスターゲティングを連携させる優れたツールセットがあれば、顧客のインタラクションに応じて、パーソナライズした適切な体験をすばやく提供できます。
顧客がブランドと接点を持った道筋を明確化できますか?
はい。適切な基盤があれば、複数のオンラインチャネルをまたぐ道筋を単一のインターフェイスから把握できます。さらに、オーディエンスを好みや行動にもとづいてセグメント化できます。