顧客プロファイルとは

顧客プロファイルを利用すれば、様々なデバイスやチャネル、データソースをまたいだインサイトにもとづいて、ターゲティングやパーソナライゼーションに使用するオーディエンスのセグメントを構築できます。

アドビはデータ管理プラットフォーム分野のリーダーです。Forresterのレポートを読む ›

詳細な顧客プロファイルの構築は容易ではありません

 

顧客インテリジェンスの獲得には、様々な障壁があります

データソースの分断

データソースの分断

オンラインデータとオフラインデータの連携不足

オンラインデータとオフラインデータの連携不足

データのサイロ化

データのサイロ化

様々なテクノロジーの混在

様々なテクノロジーの混在

データをもとに顧客を理解することで市場での競争が有利になります

 

詳細な顧客プロファイルの構築は大きな利点を生み出します。

顧客の全体像を詳細に把握

顧客の全体像を詳細に把握

様々なデータを統合して顧客プロファイルを構築することで、より深いインサイトを獲得できます。高度なID管理ツールとデバイスグラフを使用して、様々なデバイスの向こう側にいる顧客を把握します。

一元化された有意義なカスタマージャーニー

一元化された有意義なカスタマージャーニー

デバイスをまたいだ詳細な顧客プロファイルを構築すれば、適切なエクスペリエンスをタイミングよく提供することが可能になり、クロスチャネルの施策の連携を容易かつ迅速におこなえます。

あらゆる顧客接点でエクスペリエンスをパーソナライズ

あらゆる顧客接点でエクスペリエンスをパーソナライズ

顧客プロファイルを利用すると、ニーズに合ったメッセージ、オファー、コンテンツを作成して提供できます。顧客の理解が深まることで、真に価値のあるエクスペリエンスに的を絞ってパーソナライズすることが可能です。

コンバージョン率の向上

コンバージョン率の向上

顧客を明確かつ正確に把握し、共通IDを使用してオンラインでの行動やデバイスを追跡することで、顧客接点でのコンバージョンを促進できます。

アドビがお役に立ちます

アドビがお役に立ちます


Adobe Audience Managerを使用すれば、オンラインとオフラインの様々なデータをつなぎ合わせ、顧客接点、顧客の興味関心、特性をひとつのプロファイルに統合できます。統合されたマーケティングツールを利用して、そのプロファイルをターゲットに設定し、チャネルをまたいでパーソナライズされたメッセージで顧客を引き付けることが可能です。


顧客プロファイルがエンゲージメント向上への道を拓く

 

先進的な企業は、Adobe Audience Managerで顧客インサイトを活用して、ブランドロイヤルティを高めています。

顧客の特徴を把握してターゲットにすることで、よりパーソナライズされた具体的なメッセージを提供できます。

「顧客の特徴を把握してターゲットにすることで、よりパーソナライズされた具体的なメッセージを提供できます」
Shelley Wise氏(Princess Cruises、ブランドマーケティング担当ディレクター)

当社にとって、旅行の前に優れたエクスペリエンスを提供することがとても重要です。

「自社の都合によるメッセージから、より顧客を中心としたコミュニケーションに移行しています」
Lukas Kircher氏(C3 Creative Code and Content GmbH、創業者兼パートナー)

顧客プロファイルに関するFAQ

どのようなデータソースを利用して、統合された顧客プロファイルを構築できますか?
Adobe Audience Managerでは、web分析、広告キャンペーン、電子メール、CRM、実店舗での取引、コールセンター、IOT、セットトップボックス(STB)などのデータソースを統合して、顧客プロファイルを構築できます。

新しいデータが入力されたときに、顧客プロファイルは自動更新されますか?
はい。Adobe Experience Cloudでは、顧客プロファイルがリアルタイムで継続的に更新され、最新のコミュニケーションの内容やデバイスの使用状況が反映されます。

利用者がサイトにログインしていない場合でも、デバイスをプロファイルに結び付けることはできますか?
Adobe Experience Cloud Device Co-opに参加して、IDの認証に役立つ保護された利用者データで構成される共有ネットワークを使い、顧客を識別することができます。

顧客プロファイルをもとにしてターゲットに設定できる顧客属性には、どのようなものがありますか?
Adobe Audience Managerは、年齢、性別、ライフステージ、親和性、学歴、所在地などを分類できるオーディエンスインテリジェンス機能を備えています。

他のマーケティングチームとプロファイルを共有できますか?
はい。顧客のタイプを、Adobe Experience Cloudソリューション全体で共有できるオーディエンスに分類できるので、ソーシャル、検索、広告などのチームが共通認識を持つことができます。

他のデータソースを利用して1stパーティの顧客プロファイルを拡充することはできますか?
はい。2ndパーティや3rdパーティのデータを取り込んで分類し、詳細な顧客インサイトを提供できます。

Adobe Experience Cloudがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。

Adobe Experience Cloudがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。