データ分析
 

データを分析するためには、様々な課題が生じます。

データがもたらすインサイトは、感覚に取って代わるものです。しかし、データ分析を実践して成功を収めるには、いくつかの課題を乗り越える必要があります。
顧客の全体像がつかめない
顧客の全体像がつかめない
行動を予測できない
行動を予測できない
価値あるオーディエンスを特定できない
価値あるオーディエンスを特定できない
アクションにつながるインサイトを獲得できない
アクションにつながるインサイトを獲得できない
 

ビッグデータの課題を成功に転じる

データ分析は、顧客とその行動を深く理解するための扉を開け、インサイトとデジタルマーケティング活用のメリットへとつながります。

パーソナライゼーションとターゲティングをリアルタイムで向上
パーソナライゼーションとターゲティングをリアルタイムで向上
ライブトラフィックの可視化によってカスタマージャーニーを瞬時に把握できるので、キャンペーンやコンテンツ、エクスペリエンスをすばやくパーソナライズしてターゲティングし、適切なメッセージやオファーを的確なデバイスにタイミングよく配信できます。
複数チャネルにまたがる顧客の全体像を把握
複数チャネルにまたがる顧客の全体像を把握
データソースを緊密に統合することにより、あらゆる角度からの顧客像をプロファイルし、キャンペーンとエクスペリエンスのパーソナライゼーションやターゲティング、提供に関して最適な判断を下せるようになります。
価値ある、未来を感じる顧客体験を構築
価値ある、未来を感じる顧客体験を構築
データ分析に予測インテリジェンス機能を組み合わせて、顧客やオーディエンスの行動を予測し、将来を見据えた顧客体験を構築できます。
オーディエンスの活用を促進
オーディエンスの活用を促進
データにもとづくオーディエンスセグメントによって、共通する行動や特性を明確に掴み、価値の高い類似(look-alike)オーディエンスを定めることができます。
データ分析
アドビがお役に立ちます。
Adobe Analyticsでは、急速に運用が進む大量のビッグデータをリアルタイムにすばやく分析できます。強力な可視化機能により顧客理解を深め、アクションにつながる詳細なインサイトを獲得し、ビジネスの意思決定をスピードアップして、ビジネス全体のパフォーマンスを向上させることができます。

 

データ分析がデジタルマーケティングにインテリジェンスを加えた事例

オーディエンスを知り、キャンペーンを最適化するために、様々な企業がAdobe Analyticsを活用しています。
LJ Jones氏(Progrexion、最適化担当ディレクター)

「データが増えれば増えるほど、より適切な決定を下せるようになります」
- LJ Jones氏(Progrexion、ディレクター、オプチマイゼーション)
Elliot Antrobus-Holder氏(TUI、デジタルプロダクトグループ責任者)
「顧客が何をしているかを容易に把握できる製品が必要でした。Adobe AnalyticsとAdobe Targetは、好機を見極めるという点で大いに役立っています」
- Elliot Antrobus-Holder氏(TUI、デジタルプロダクトグループ責任者)

 

データ分析に関するFAQ

分析ソリューションがあれば、データの専門家 がいなくてもマーケティングのパフォーマンスを向上できますか?
データの取り扱いについて多少の才能は必要かもしれませんが、Adobe Analyticsのようなソリューションを利用すれば、技術的な知識を持たない担当者でも、容易に可視化を実現し、顧客とそのアクティビティについて正確に把握できるようになります。
無料のソリューションよりもAdobe Analyticsが優れている理由は何ですか?
Adobe Analyticsに備わっている機能や統合されている機能は、最も強力な無料製品をしのぎます。顧客の全体像の把握、カスタマージャーニーのトラッキングとマッピング、充実したインサイトの活用によって、最適な顧客体験を容易に構築し、提供することができます。
Adobe Analyticsは、顧客に関するインサイトをすばやく獲得するためにどのように役立ちますか?
カスタマイズしやすい自由形式のレポートテンプレートが用意されているので、目標に合ったビューをすばやく作成したり変更したりできます。様々なオーディエンスディメンションや要素をアドホックビューにドラッグ&ドロップすれば、数秒で結果が得られます。
データが多すぎて分析に時間がかかり、行動に移すことができません。アドビ製品を利用できますか?
はい。貢献度分析やインテリジェントアラート、異常値検出などの機能によって、データトレンドの重要な変化を継続的に把握し、失敗とそれに伴うコストのリスクを低減できます。
顧客がカスタマージャーニーから離脱している箇所とその理由を解明できますか?
はい。フォールアウト分析では、顧客エクスペリエンスに沿って様々なステップをドラッグ、ドロップ、再配置することで、顧客とのエンゲージメントがどこで失われているかを分析できます。

データのセキュリティが心配です。Adobe Analyticsのようなソリューションを利用した場合のデータの安全性はどのように保証されますか?
一流の分析ベンダーはセキュリティを十分に考慮しています。アドビも例外ではなく、FedRAMPやISO 27001、HIPAAおよび他の規制に関するデータセキュリティコンプライアンス基準を満たしています。