デマンドサイドプラットフォームとは

デマンドサイドプラットフォーム(DSP)とは、広告主企業が利用し、媒体企業の抱える広告在庫を買い付けて広告出稿するための、広告取引の仕組みです。DSPを利用して自動広告取引(プログラマティック)を行えば、広告の費用対効果を最大限に高めることができます。DSPのメディアプランニングツールとクロスチャネルの広告バイイング機能をひとつのプラットフォームに統合すれば、あらゆるチャネルをまたいだ包括的な効果測定を行うことができます。

広告
 

適切なデマンドサイドプラットフォームを利用しない限り、広告キャンペーンの成功は望めません

様々なテクノロジーの課題により、プログラマティックな広告バイイングを実現できない場合があります。
ばらばらに分断されているキャンペーンやテクノロジー、レポート
ばらばらに分断されているキャンペーンやテクノロジー、レポート
オーディエンスを効果的に絞り込めない
オーディエンスを効果的に絞り込めない
迅速に対応できない
迅速に対応できない
一部の広告在庫にアクセスできない
一部の広告在庫にアクセスできない
 

あらゆる機能をひとつにまとめたデマンドサイドプラットフォームを活用すれば、エンゲージメントを向上できます。

プログラマティックなメディアキャンペーンにDSPを組み込むことでさまざまなメリットが生じます。

あらゆる関係者に、シームレスにキャンペーンの成果をレポート
あらゆる関係者に、シームレスにキャンペーンの成果をレポート
あらゆるチャネルをまたいだパフォーマンスを、容易にトラックしてレポートを作成できます。60種類を超える指標のリアルタイムレポートにひとつのダッシュボードからアクセスできるので、広告在庫やオーディエンス、ROI、クリエイティブのパフォーマンスをすばやく評価できます。
顧客の全体像を把握し、ターゲットを絞り込んでキャンペーンを実施
顧客の全体像を把握し、ターゲットを絞り込んでキャンペーンを実施
オーディエンスをセグメント化して絞り込むことにより最適なターゲットを見つけ出し、カスタマージャーニー全体にわたって広告を的確にパーソナライズすることにより、真のオムニチャネルエクスペリエンスをオーディエンスに提供します。
スピードと俊敏性を向上
スピードと俊敏性を向上
広告バイイングを一元化したプラットフォームにより、あらゆるプログラマティックキャンペーンを1箇所で管理でき、自信を持ってすばやくアクションを起こすことができます。
広告在庫に簡単にアクセス
広告在庫に簡単にアクセス
Adobe Advertising Cloudのような最先端のソリューションを利用すれば、検索連動型広告やディスプレイ広告、テレビ広告、ソーシャル広告、動画広告など、あらゆる有料広告チャネルにひとつのダッシュボードからアクセスできます。
デマンドサイドプラットフォーム
アドビがお役に立ちます。
Adobe Advertising Cloudは、従来のTVとデジタルフォーマットをまたいだ広告管理のための、業界初のエンドツーエンドのプラットフォームです。この独立系クロスチャネルプラットフォームを利用すれば、最適なオーディエンスを見つけ出して引き付け、動画広告やディスプレイ広告、検索連動型広告などの形式を問わず、あらゆるスクリーンに広告を配信できます。
 

 

あらゆるチャネルの広告体験を改善

パーソナライズした適切な広告は、ブランドエンゲージメントを高めます。
Ottokar Rosenberger氏(Hostelworld Group、CMO)

「Adobe Media Managerを導入したおかげで手動による入札プロセスが不要になったので、チームに余裕が生まれました」
— Ottokar Rosenberger氏
(Hostelworld Group、CMO)

Ron Amram氏(Heineken USA、シニアマーケティングディレクター)
「TVから動画に移行する消費者が増え続けている現在、当社もそれに見合った形でマーケティング予算を配分する必要に迫られています。TubeMogul(現アドビ)のおかげで、実際に測定された効果にもとづいたメディアバイイングができるようになりました」
— Ron Amram氏
(Heineken USA、シニアマーケティングディレクター)

 

デマンドサイドプラットフォームに関するFAQ

デマンドサイドプラットフォーム(DSP)はどのように機能するのですか。
DSPとは、簡単に言うと、階層化されたデータを利用してメディアバイイングを自動化し、最適な入札額を割り出して、様々な広告在庫への入札を実行し、入札が受理されたらパブリッシャーに広告を送信するプラットフォームです。
様々なスクリーンをまたいでパフォーマンスを改善したいと考えています。Adobe Advertising Cloudのようなソリューションはこの目的に役立ちますか。
はい。Adobe Advertising Cloudに含まれるAdobe Media Managerのクロススクリーンプランニングソフトウェアを利用すれば、スクリーンや形式を問わない広告プランニングとバイイングが可能になります。また、正確なリーチや頻度、効果の測定を分かりやすく効果的な方法でおこなえます。
 
グローバルなデータ管理プラットフォームを利用した方がよいですか。
利用可能な広告在庫に複数の地域からアクセスするには、入札対象マーケットの近くにサーバーが配置されている必要があります。広範囲に分散しているオーディエンスにリーチしたい場合は、グローバルなデータ管理プラットフォームが効果を発揮します。一方、地域ごとにターゲットを設定したい場合は、小規模な地域別ハブのほうが効果を発揮する場合もあります。
TVや動画、ソーシャルなどのチャネルをまたいだ広告在庫を一元管理することは可能ですか。
はい、可能です。あらゆる有料広告チャネルの広告在庫にアクセスできる最先端の広告ソリューションを提供しているのはアドビだけです。
DSPを利用すると広告キャンペーンの規模をどのように拡大できますか。
データ管理プラットフォームや分析ツール、コンテンツ管理システムと連携しているDSPを利用すれば、連携せずに分断しているキャンペーンを管理する必要がなくなり、グローバルにリーチを拡大でき、広告の価値を高めつつ支出を抑えることができます。
次のステップをより正確に予測したいのですが、Adobe Advertising Cloudはこの目的に役立ちますか。
はい。アドビのAI(人工知能)、機械学習、ディープラーニングエンジンであるAdobe Senseiと緊密に統合されているので、組み込み済みの予測インテリジェンスを活用して広告のターゲティングやリターゲティングを的確におこなえます。

お問い合わせ先はこちら

 
Adobe Advertising Cloud導入のご相談は、
こちらからお問い合わせください。