ディスプレイ広告とは

ディスプレイ広告とは、広告主企業が伝えたいメッセージをバナーやリッチメディアなどで表現し、広告主が狙いたい顧客に対して、媒体企業の展開するwebやアプリなどを通じて届ける施策です。広告主企業は、認知獲得から購入に至るまで、さまざまなマーケティング目標の達成に向けて、特定のターゲットに狙いを定め、的を絞ったメッセージを展開します。この一連の施策をディスプレイ広告キャンペーンと呼びます。ディスプレイ広告キャンペーンの実効性を高めるには、デマンドサイドプラットフォーム(DSP)を利用します。DSPを利用すれば、キャンペーンの管理やリーチの拡大、プロスペクティングやディスプレイ戦略のリターゲティングにより、パーチェスファネルと途中にいる顧客の行動を後押しすることができます。

広告
 

ディスプレイキャンペーンを成功に導くには、多大な労力が必要です。

マーケターは、ディスプレイ広告の効果を上げられず、支出ばかりがかさんでいくという問題に直面しています。
クリエイティブアセットをパーソナライズして最適化できない
クリエイティブアセットをパーソナライズして最適化できない
複数チャネルにまたがる測定や管理が困難
複数チャネルにまたがる測定や管理が困難
動的に広告を管理できない
動的に広告を管理できない
価値の高いオーディエンスを厳選してリーチするのが困難
価値の高いオーディエンスを厳選してリーチするのが困難
 

ディスプレイ広告を最適化して、作業負荷を軽減できます。

適切なツールセットを活用してディスプレイ広告キャンペーンを展開すれば、メディアチャネルをまたいだマーケティングを強化できます。

高度なパーソナライゼーションによるコンバージョン率の向上
高度なパーソナライゼーションによるコンバージョン率の向上
統合されたデータソースから提供される情報を活用し、顧客一人ひとりの関心に合わせて、クリエイティブアセットを容易に、リアルタイムに修正できます。主要なサイト分析結果とファーストパーティのオーディエンスデータを活用してメッセージをパーソナライズすることにより、広告を最適化できます。
ひとつのダッシュボードであらゆるディスプレイキャンペーンを管理
ひとつのダッシュボードであらゆるディスプレイキャンペーンを管理
統合型のキャンペーンツールを利用すれば、複数のシステムを継ぎ合わせることなく、ディスプレイ広告全体の状況を把握して管理することができます。
リターゲティング広告で顧客を呼び戻す
リターゲティング広告で顧客を呼び戻す
リターゲティングの仕組みを利用すれば、カート放棄や製品ページ閲覧などのインタラクションにもとづき、様々なメディアをまたいで適切なコンテンツやメッセージを配信し、顧客とのつながりを回復して、コンバージョンに導くことができます。
常に最も効果的な広告を配信
常に最も効果的な広告を配信
ユーザーごとに広告のメッセージをリアルタイムで自動的に設計できるので、よりレスポンシブなディスプレイ広告キャンペーンを実現し、適切にパーソナライズされた広告を様々なペイドチャネルで配信できます。
ディスプレイ広告
アドビがお役に立ちます。
Adobe Advertising Cloudには、キャンペーンのトラッキングとレポート、リアルタイム入札、インプレッションレベルのインサイト、マルチタッチアトリビューションレポートなど、様々な機能が統合されているので、ROIとキャンペーンの成果を向上させることができます。

 

チャネルをまたいだディスプレイ広告の成果を改善できます。

多くの企業が、統合型プラットフォームを導入することで広告の成果を高めています。
Ottokar Rosenberger氏(Hostelworld Group、CMO)

「Adobe Media Manager(現在のAdobe Advertising Cloud)を導入したことで、予約1件あたりのコストが20%も下がりました。これは驚異的な成果です」
— Ottokar Rosenberger氏
(Hostelworld Group、CMO)

Henry Marshall氏(House of Fraser、ペイドサーチマネージャー)
「特定の日の予算を入力すると、収益を最大化するために、どのキーワードに予算を投じるべきかを入札アルゴリズムが割り出します」
— Henry Marshall氏
(House of Fraser、ペイドサーチマネージャー)

 

ディスプレイ広告に関するFAQ

チャネル別のプラットフォームが広告在庫にアクセスする最良の方法だというのは本当ですか。
必ずしもそうとは限りません。統合型のDSPを利用すれば、広告在庫をシームレスに結び付けることができます。例えば、Adobe Advertising Cloudからは、主要なアドエクスチェンジだけでなく、100を超える大手パブリッシャーにもアクセスすることができます。
パートナー企業やサードパーティのデータを利用してディスプレイ広告のターゲティングやリターゲティングの精度を上げることは可能ですか。
はい。Adobe Experience Cloudのようなマーケティングプラットフォームでは、ファーストパーティ、セカンドパーティ、サードパーティからのデータを分析できるので、あらゆる角度から顧客の全体像を把握して広告のターゲティングに役立てることができます。
グローバルなデータ管理プラットフォームを利用したほうがよいですか。
利用可能な広告在庫に複数の地域からアクセスするには、入札対象マーケットの近くにサーバーが配置されている必要があります。広範囲に分散しているオーディエンスにリーチしたい場合は、グローバルなデータ管理プラットフォームが効果を発揮します。一方、地域ごとにターゲットを設定したい場合は、小規模な地域別ハブのほうが効果を発揮する場合もあります。
TVや動画、ソーシャルなどのチャネルをまたいだ広告在庫を一元管理することは可能ですか。
はい、可能です。あらゆる有料広告チャネルの広告在庫にアクセスできる最先端の広告ソリューションを提供しているのはアドビだけです。
入札前に広告在庫の品質を管理することはできますか。
はい。Adobe Advertising Cloudのようなソリューションを利用すれば可能です。アドビのソリューションに統合されているメディアクオリティインテリジェンスを活用すれば、入札前のターゲティングが可能なので、購入するインプレッションを的確に管理することができます。
Adobe Advertising Cloudでは広告の費用対効果のレポートを作成できますか。
はい。個々のコンバージョンイベントについても、重み付けされたコンバージョン目標についても、広告の費用対効果や顧客獲得単価のレポートを作成し、最適化することができます。

お問い合わせ先はこちら

 
Adobe Advertising Cloud導入のご相談は、
こちらからお問い合わせください。