電子メールサービスプロバイダーとは

電子メールは成功する顧客体験戦略の基盤であり、顧客との有益な関係の構築と維持に役立ちます。電子メールが顧客との唯一のコンタクト方法である場合もあるでしょう。電子メールを活用して、パーソナライズされた、顧客の期待に応えるメッセージを、コンテクストに即して提供することで、エンゲージメントやリエンゲージメントを促進できます。

電子メールの成功を阻む落とし穴があります

 

チャネル中心指向の電子メールサービスプロバイダーと提携すると、オーディエンスにとって魅力的でないブランド体験を提供してしまう恐れがあります。

システム間の連携がないのでリマーケティングに時間がかかる

システム間の連携がないのでリマーケティングに時間がかかる

顧客とカスタマージャーニーを特定できない

顧客とカスタマージャーニーを特定できない

リマーケティングのビジョンがない

リマーケティングのビジョンがない

顧客のメール疲れへの対処が難しい

顧客のメール疲れへの対処が難しい

適切な電子メールサービスプロバイダーを利用すれば、大きなメリットがあります

 

データ、チャネル、デバイスをつなぐ統合されたマーケティング基盤を利用してキャンペーンを提供し、コンテクストに即した実りあるエクスペリエンスを構築できます。

さらに詳しく

パーソナライズされた電子メールの作成を高速化

パーソナライズされた電子メールの作成を高速化

市場投入までの時間を短縮する一方で、コンテクストに即したパーソナライゼーションでメッセージを最適化できます。クロスチャネルデータから情報を得る統合ソリューションプラットフォームを使い、適切なタイミングで顧客を魅了し、期待に応える1対1のメッセージをすばやく作成できます。

何が効果的かを把握

何が効果的かを把握

データ分析との統合により、重要なメッセージや、ヒーローイメージ、CTA、サブジェクトラインなどのイベントポイントの測定が可能になります。パフォーマンス指標を詳細に調べ上げ、何が効果的で何を変更すべきかを詳細に確認できます。

コンテクストにもとづいてリマーケティングを実施

コンテクストにもとづいてリマーケティングを実施

顧客行動やプロファイルのデータを使用して、リターゲティングメッセージを電子メール、ディスプレイ、web体験などを通じて提供します。それにより、放棄された買い物かご、途中まで見た動画、中断された予約などの再開をうながします。

顧客の疲労シグナルにリアルタイムで対応

顧客の疲労シグナルにリアルタイムで対応

必要なデータがひとつのダッシュボードにまとめて表示され、顧客の電子メール疲れをすばやく察知できます。購読解除やスパムレポートを最小限に抑えます。

アドビがお役に立ちます

アドビがお役に立ちます

 

Adobe Campaignなら、電子メールキャンペーンを最適化し、電子メールでの成功を他のチャネルに関連付けることで、顧客の全体像をもとにターゲティングし、チャネルやキャンペーン、デバイスを問わず、一貫性のあるパーソナライズされたエクスペリエンスを提供できます。


 

顧客体験を成功へと導く電子メール

 

アドビのユーザーは、統合されたひとつのマーケティング基盤で電子メール体験を最適化し、エンゲージメント、コンバージョン、売上を向上させています。

 

かつては1、2日または1週間もかかっていたことが、今は1、2時間で完了します。業務効率の観点から見て、この差は計り知れません。

「かつては1、2日または1週間もかかっていたことが、今は1、2時間で完了します。業務効率の観点から見て、この差は計り知れません」
Amanda Cichon氏
(Garmin、ITマネージャー)

Adobe Campaignを活用することで、セグメント化を進めながら、パーソナライゼーションとオンタイムのコミュニケーションを容易に実現できています。

「Adobe Campaignを活用することで、セグメント化を進めながら、パーソナライゼーションとオンタイムのコミュニケーションを容易に実現できています」
Mason Smith氏
(JustAnswer、電子メール担当マネージャー)

電子メールサービスプロバイダーに関するFAQ

顧客行動とプロファイルのデータを結び付けて、電子メールマーケティング戦術を向上させたいのですが、アドビのツールは役立ちますか?
はい。Adobe Campaignを活用すれば、既知の顧客プロファイルに行動データを組み込み、リマーケティングメッセージをパーソナライズし、キャンペーンの効果を高めることができます。

リマーケティングに最適なターゲットを特定する方法はありますか?
Adobe AnalyticsとAdobe Campaignでは、顧客が途中で止めた購入プロセスなどの顧客体験を続けるために戻って来る可能性を、傾向スコアによって予測できます。これを利用すれば、リターゲティングの対象にするオーディエンスを決定できます。

電子メールマーケティングを基盤とし、電子メールでの成功を他のチャネルに生かすにはどうすればよいでしょうか?
Adobe Experience Cloudは、統合プラットフォームを通じて全チームでオーディエンスデータを共有できます。成功した電子メールエンゲージメントをwebサイトやソーシャルメディア、モバイル、オフラインその他のエクスペリエンスに活用できます。

オンラインとオフラインのトリガーを電子メールリマーケティングに利用できますか?
はい、場合によっては可能です。アドビの統合された基盤とサービスでは、例えば、web体験からの途中離脱、実店舗内のビーコン、カスタマーサービスに寄せられた問い合わせ、直前の電子メールクリックスルーなどをリマーケティングのトリガーとして利用できます。

買い物かごを途中破棄した後、電子メールによるリターゲティングを成功させる方法はありますか?
自動化されたトリガーによってパーソナライズされた電子メールを送信するのが、コンバージョン向上への最短距離です。Adobe Campaignを活用すれば、イベント発生から15分以内にリマーケティングキャンペーンを展開できます。

相手の期待に応える電子メールをタイミングよく送るにはどうすればよいのでしょうか?
Adobe Campaignが顧客の興味関心やサイトでの行動にもとづいて、顧客に合ったコンテンツを明らかにします。Adobe Targetがリアルタイムに配信する電子メールは、日付や場所などの条件にもとづいて開封時に内容が自動調整されます。Adobe Analyticsが予測インテリジェンスを提供し、メッセージはますます相手に合うものになっていきます。

Adobe Experience Cloudがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。

Adobe Experience Cloudがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。