データ分析
 

デバイスが増えれば、成功への課題も増えます

モバイルデータをデジタル分析戦略に組み込めば、技術面での複数の課題が明らかになります。
データを大規模に管理できない
データを大規模に管理できない
デバイスをまたぐトラッキングが困難
デバイスをまたぐトラッキングが困難
チャネルをまたぐ統合された顧客像がない
複数チャネルをまたぐ統合された顧客像がない
モバイルサイトやモバイルアプリのデータが組織ごとに管理され、連携できない
モバイルサイトやモバイルアプリのデータが組織ごとに管理され、連携できない
 

モバイル分析は多くの利点をもたらします

技術面の課題を乗り越えれば、モバイル分析が生み出すデータを活用してデジタルマーケティングの成果を向上させることができます。

様々なチャネルやデバイスにまたがるエクスペリエンスの向上
様々なチャネルやデバイスにまたがるエクスペリエンスの向上
モバイルとwebの分析を組み合わせて、顧客プロファイルを強化し、複数のチャネルとデバイスにまたがるシームレスなエクスペリエンスを創出できるようになります。
顧客離れの減少とリテンションの強化
顧客離れの減少とリテンションの強化
モバイル分析はフォールアウト率、異常値、コンバージョン数などを明確化し、アプリからの離脱率の低下や、リエンゲージメントの促進、リテンション率の向上に役立てることができます。
ターゲティングとパーソナライゼーションの精度向上
ターゲティングとパーソナライゼーションの精度向上
モバイルサイトやモバイルアプリ、デバイス使用状況に関するインサイトを活用し、顧客がどのデバイスを使用しているときでも、最適なメッセージやコンテンツ、エクスペリエンスを提供できるようになります。
アプリを収益化する機会の発見
アプリを収益化する機会の発見
モバイルアプリによる顧客獲得とリテンションを分析することにより、アプリ内での購入や有料購読などによってアプリを収益化する機会を見つけ出し、モバイル施策から得られる収益とROIを向上させることができます。
モバイル分析
アドビがお役に立ちます。
Adobe Analyticsは、モバイル施策に顧客インテリジェントを加えます。これにより、モバイルファーストの機会を最適化して収益化を促進し、あらゆる角度から顧客の全体像を構築し、価値の高いモバイル体験を提供できます。

 

モバイルファーストは単なる戦略ではなく必須条件

多くの企業が、Adobe Analyticsで獲得したインサイトをマーケティングのアクションに活用しています。
Ottokar Rosenberger氏(Hostelworld Group、CMO)

「Adobe Analyticsは業務のバックボーンになっています。特に、コンバージョンの詳細やファネルトラッキングの改善度を把握できる点が大いに役立っています」
- Ottokar Rosenberger氏
(Hostelworld Group、CMO)
Trisha Kunst Martinez氏(Ford Motor Company、デジタルマーケティングオペレーション担当マネージャー)
「Adobe Analyticsは、ビジネスの重要な問いに答えをもたらします。その答えにもとづいて、適切な戦略を策定できます」
— Trisha Kunst Martinez氏
(Ford Motor Company、デジタルマーケティングオペレーション担当マネージャー)

 

モバイル分析に関するFAQ

web分析ソリューションと別のモバイル分析ツールを使う必要がありますか?
そうとは限りません。例えば、Adobe Analyticsはモバイルとwebのデータをひとつのインターフェイスに集約するので、顧客がどのデバイスを使用しているかに関係なく、顧客の行動を把握できます。
モバイル分析によって利用者の獲得をトラッキングできますか?
はい。Adobe Analyticsを使用して、収益、起動回数、利用者数などを含む利用者の獲得指標を定義し、測定できます。より詳細なレベルでは、アトリビューション機能やディープリンク機能を用いて、顧客獲得キャンペーンやリエンゲージメントキャンペーンのレポートを生成できます。
モバイルデータにもとづいてモバイル体験を自動的に最適化することは可能ですか?
はい。Adobe AnalyticsはAdobe Experience Cloudソリューションと緊密に統合されており、モバイルサイトやモバイルアプリのエクスペリエンスを自動的に最適化することによって、モバイルデータに対応できます。さらに、webやオフラインのデータにも対応できます。
リテンション率の向上にコホート分析が重要なのはなぜですか?
コホート分析をおこなうと、共通の特性を持つ利用者グループがモバイルアプリをどのように使用しているかを把握できます。例えば、獲得日や行動にもとづくコホート測定によって、利用者の離脱理由を理解したり、リテンション向上のためのアクションを実践できます。
モバイル分析をどのように利用すれば、アプリからの離脱率を低減できますか?
分析を実施することにより、利用者の離脱につながっているアプリの機能の問題、特にアップデート後の問題を特定できます。リアルタイムのモバイル分析を利用すれば、問題をすばやく特定し、修正することができます。
社内に開発者があまりいません。コーディングをせずに必要なビューをすばやく作成することはできますか?
Adobe Analyticsには、ドラッグ&ドロップなどの直感的な操作だけでレポートをすばやく作成できる機能があります。これにより、様々な指標を組み合わせて、複雑なコーディングをすることなく必要なビューを作成できます。