一人ひとりの期待に応える、パーソナライゼーション

顧客はそれぞれ異なる価値観を持っています。興味のある商品、求めている情報、自分に合う提案でなければ、企業からの問いかけは響きません。企業は、多数の顧客を相手に、一人ひとりに合ったコミュニケーションをしなければなりません。
これを実現するのが、人工知能を組み込んだパーソナライゼーションエンジンです。
 

 

点と点を結ぶには

 

 
顧客の環境はデジタル化し、顧客は何か情報を得たいとき、多様なチャネルを自由に選ぶことができます。その行動を企業が把握し、個々のコミュニケーションが連携していなけば、魅力的な顧客体験にはなりません。アドビのガイド『場所を問わないパーソナライゼーション』では、この課題に対処するための戦略をご紹介します。
 
 

パーソナライゼーションを実現するためには

顧客の期待に応えるためには、相手の欲しい情報を提供するのが重要です。そのためにはまず、相手は何に興味を持つのか、何を求めているかを理解しなければなりません。はじまりは仮説の検証です。いくつかの候補メッセージのどれが響くかテストしましょう。その顧客の反応一つひとつが、顧客理解につながります。やがて一定のニーズごとに、セグメントが見えてきます。そしてセグメントを掘り下げ、コミュニケーションを高度化させていくことの繰り返しが、顧客体験の精度を高めることにつながるでしょう。その過程は、煩雑で途方もないものに思えるかもしれませんが、人工知能の助けを借りれば、大規模に展開することができます。
 
思いどおりの管理
 
学習を重ねる
どんなメッセージが適切か、A/Bテストで科学的に検証しましょう。また、反応の違いにより顧客をセグメントに分類すると、メッセージの出し分けにも役立ちます。
AIを活用した拡張性
 
精度を高める
顧客の属性や反応を示すデータ量は増大し、その作業は人の手に余ります。規模感とスピードを保ちつつパーソナライズの精度を高めるため、人工知能を活用しましょう。
業績アップ
 
成果を見極める
提案したメッセージは、相手の期待に応え、ビジネス成果につながったでしょうか。クリック数、コンバージョン率、売上など、評価指標で振り返り、施策に反映しましょう。

新たなビジネス規範:エクスペリエンスファースト - 顧客中心のアプローチで競争優位を

市場の変化により、企業の差別化は難しくなりました。いま求められている新たなビジネス規範とはどのようなものか、企業が競争優位を築くために欠かせない要素は何かを探ります。
 

「パーソナライゼーション」の関連記事

家庭用電話やブロードバンドインターネット、スマートフォンなどの各種サービスを提供し、さまざまなチャネルで顧客に接している同社は、どのようなアプローチで顧客体験を最大化しようとしているのか。

パーソナライゼーションの成功事例

一人ひとりにあわせて顧客体験をパーソナライズすることは、机上の空論ではありません。活用に成功しているトップブランド企業2社をご紹介します。
 
カカクコム
カカクコムは、サイトの構成やデザイン、文言の最適化を図っています。

千趣会は、コンテンツの貢献度の数値化など、高い成果を上げています。
千趣会

AIで強化されたパーソナライゼーションを提供

アドビは、シンプルな方法でパーソナライゼーションを開始し、機能を段階的に拡張するお手伝いをします。Adobe Targetを使用して構築され、Adobe AnalyticsとAdobe Audience Managerと連携するアドビのパーソナライゼーションエンジンなら、Adobe SenseiのAIと機械学習の力を活用して、顧客体験に関する最も複雑な課題に対応できます。
 

アドビはパーソナライゼーションの分野で
Data & Marketing AssociationのInnovation Awardを受賞
アドビが、パーソナライゼーション分野でData & Marketing AssociationのInnovation Awardを受賞

パーソナライゼーションに関連する、企業の主な課題と解決策

 
顧客体験のパーソナライズ
顧客の要求やニーズを常に把握し、あらゆるチャネルをまたぐ一貫性を保ちながら提供できます。
 
最良の顧客の獲得
顧客の獲得とは、単に顧客を見つけることではありません。長期的な関係を築ける、最も価値の高い顧客を見つけることです。
連続性が保たれたエクスペリエンスの構築
スクリーンやデバイスを問わず、一貫性を保ち、魅力的でパーソナライズされたマルチチャネルのエクスペリエンスを創出します。