プログラマティックTV広告

プログラマティックTV広告とは、デジタルTV広告枠の取引を自動化する方法です。従来の視聴率にもとづくアプローチから、データドリブン型の自動入札によるオーディエンスデータにもとづくアプローチへ移行でき、パーソナライズされた適切な広告を視聴者に配信できます。

広告
 

プログラマティックTV広告への移行は容易ではありません。

テクノロジーの課題を複数抱えている場合、メディアバイイングはきわめて複雑になることがあります。
データが統合されていない
データが統合されていない
デバイスやチャネルをまたいでキャンペーンが統合されていない
デバイスやチャネルをまたいでキャンペーンが統合されていない
オーディエンスのターゲティングが困難
オーディエンスのターゲティングが困難
ワークフローや最適化の自動処理が困難
ワークフローや最適化の自動処理が困難
 

プログラマティックTV広告では、視聴者を第一に考えます。

プログラマティック戦略に移行すると、オーディエンスを的確に把握できるようになり、一貫性のある適切な広告を配信できるようになるので、顧客体験が向上します。

クロススクリーン測定で顧客の全体像を把握
クロススクリーン測定で顧客の全体像を把握
検索連動型広告やソーシャル広告、動画広告、TV広告などのキャンペーンをまとめて、指標にもとづいた包括的なレポートを作成できるので、重要な顧客接点を特定して、ひとつのダッシュボードからキャンペーン全体を最適化できます。
キャンペーンを一元管理
キャンペーンを一元管理
ひとつのデマンドサイドプラットフォーム(DSP)で、オンラインとTVの広告キャンペーンのプランニング、メディアバイイング、測定、管理を包括的に一元管理できます。
データドリブン型のオーディエンスターゲティング
データドリブン型のオーディエンスターゲティング
DSPと分析ツール、データ管理ツールが緊密に統合されているので、ファーストパーティ、セカンドパーティ、サードパーティのデータソースから入手した信頼性の高いデータを活用して顧客プロファイルを充実させることができます。
リアルタイムプランニングと実施の俊敏性を向上
リアルタイムプランニングと実施の俊敏性を向上
TV広告のプランニングとバイイングプロセスを自動化することで複雑性が軽減され、コストが低下し、信頼性の高いデータをひとつのプラットフォームでシームレスに活用できるようになります。
プログラマティックTV広告
アドビがお役に立ちます。
Adobe Advertising Cloudはプログラマティックな広告バイイング機能をTV広告キャンペーンで活用することで、予算配分をすばやく柔軟に調整し、エクスペリエンスを最適化してコンバージョン率を最大化しながら、あらゆるスクリーンをまたいだキャンペーンを計画して実施できるようにします。
 

 

広告キャンペーンを自動化して最適化

多くの企業がオーディエンスデータを活用して、より適切な広告を配信しています。
Ron Amram氏(Heineken USA、シニアマーケティングディレクター)

「特定の個人が使用しているチャネルに、彼らが購入する製品の広告を出す、というレベルまで細かくキャンペーンを計画できるようになりました」
— Ron Amram氏
(Heineken USA、シニアマーケティングディレクター)
Lindsay Rowntree氏(Starcom Mediavest Group、UKサーチディレクター)
「Adobe Media Manager(現在のAdobe Advertising Cloud)の予測ツールを利用することで、時間を節約でき、正確性が大幅に向上しました。サイトに広告が掲載されるまでの時間は21%短縮され、クリック率は11%向上しました」
— Lindsay Rowntree氏
(Starcom Mediavest Group、UKサーチディレクター)
 

プログラマティックTV広告に関するFAQ

Adobe Advertising Cloudを通じてTV広告在庫を購入すると、どのようなメリットがありますか。
アドビの広告プラットフォームは、TV広告のプランニングとメディアバイイング、効果測定を自動化して、ひとつのダッシュボードから管理できるデータドリブン型のソリューションです。詳細なオーディエンスデータを活用してより効果的に顧客にリーチしながら、国や地域、VOD、アドレサブルTV、ネット接続TVなどを対象にしたキャンペーンを実施できます。
データを階層化してターゲティングを戦略的におこなうことは可能ですか。
はい。Adobe Audience Managerを含むアドビの広範囲にわたるデータパートナーシップを活用すれば、ファーストパーティ、サードパーティを問わず、あらゆるデジタルオーディエンスセグメントを対象としたプランニングが可能になります。また、セットトップボックスのデータを活用して特定の世帯をターゲットに設定したり、テレビメーカーのデータを利用してアトリビューションに関するインサイトを得たりすることもできます。
アドビのプログラマティックTV広告ソリューションはひとつのチャネルのみに制限されていますか。
いいえ。アドビのソフトウェアを利用すれば、広告のリーチと頻度を適切に管理しながら、リニアTV、アドレサブルTV、VOD、ネット接続TVなど、様々な環境にわたって最も価値の高いTVオーディエンスにリーチすることができます。
アドビのソリューションでは、TV広告のメディアバイイングを通じてリーチを段階的に拡大できますか。
はい。アドビのソリューションを利用すれば、現在の基本プランではリーチできないネットワークや時間帯を特定でき、投資額を増やすことによって新たな視聴者やまだ広告を見ていない視聴者をターゲットに設定することができます。
アドビのTV広告ソリューションを活用することで、どのようにして競合他社との差別化を図れますか。
アドビのソリューションを利用すれば、競合他社と直接対抗する、または競争を回避する戦略や計画を打ち立てることができます。また、予算配分を柔軟に調整しながら、あらゆるスクリーンにまたがる包括的なキャンペーンを計画して、広告のリーチと頻度を最適化することもできます。
広告在庫へのアクセスという点で、Adobe Advertising Cloudにはどのようなメリットがありますか。
国や地域、オンデマンドTV、アドレサブルTVなどをまたいだ業界をリードする広告在庫を提供し、1億を超える世帯にリーチすることができます。

お問い合わせ先はこちら

 
Adobe Advertising Cloud導入のご相談は、
こちらからお問い合わせください。