3rdパーティデータとは

アグリゲーターからライセンスを受けたデータを利用すれば、顧客プロファイルを拡充し、より有意義なエクスペリエンスを構築できます。様々なサイトやアプリから収集されたデータを、自社のデータや獲得したデータ、パートナーのデータと組み合わせることで、より詳細に顧客像を把握できます。

アドビはデータ管理プラットフォーム分野のリーダーです。Forresterのレポートを読む

3rdパーティデータの活用には、いくつかの難関が待ち構えています

 

多くの企業が、3rdパーティデータの価値を引き出すために苦慮しています。

複数のデータソースの管理

複数のデータソースの管理

透明性の不足

透明性の不足

データプライバシーの制限

データプライバシーの制限

システム連携の課題

システム連携の課題

3rdパーティデータは、顧客体験の質を向上するために役立ちます

 

データを効果的に統合することで、マーケティングの成果向上につながります。

オーディエンスインテリジェンスの強化

オーディエンスインテリジェンスの強化

3rdパーティデータを活用して、顧客プロファイルを拡充すれば、パーソナライゼーションとエンゲージメントを強化するために必要な有意義なインサイトを獲得できます。

ターゲティングの幅が広がる

ターゲティングの幅が広がる

3rdパーティのデータにもとづく追加のインサイトを、デモグラフィックターゲティング、行動ターゲティング、コンテクストにもとづくターゲティングに使用し、エンゲージメントを高めることができます

リーチの拡大

リーチの拡大

3rdパーティデータを利用することで、主要な顧客セグメント以外の新しいオーディエンスセグメントを発見したり、主要顧客と行動が似通っているオーディエンスを特定したりできます。

ペイドキャンペーン以外も強化

ペイドキャンペーン以外も強化

3rdパーティデータは、有料メディアキャンペーン以外にも活用できます。分析ソリューションを使用して、webやアプリのエクスペリエンスを向上させたり、電子メールオファーをパーソナライズしたり、オーディエンスに関するより効果的なインサイトを収集したりできます。

アドビがお役に立ちます

アドビがお役に立ちます


Adobe Audience Managerを使用すれば、3rdパーティのデータを取り込み、データポイントを内部のインテリジェンスやパートナーのインテリジェンスと統合することで、詳細な顧客の全体像を獲得できます。価値の高いオーディエンスセグメントを迅速に作成して活用し、チーム間で共有することが可能になります。


データ主導型のマーケティングに取り組んでいる企業は、アドビ製品を活用しています

 

革新的な企業は、3rdパーティデータを利用して、詳細なオーディエンスプロファイルを構築し、適切な顧客体験を提供しています。

まずカスタマージャーニーのパフォーマンスを把握することが大事です。

「Adobe Target、Analytics、Audience Managerを連携させて活用しています。これにより、どのようなタイプのオーディエンスが、どのような方法や理由で反応しているのかを把握できます」
Didrik Fjelstad氏(SAS、ブランド兼マーケティング担当バイスプレジデント)

当社にとって、旅行の前に優れたエクスペリエンスを提供することがとても重要です。

「Audience Managerを利用し、より統合された顧客対応手法を確立しています。今日のデジタルテクノロジーにより、より小さく、より細分化されたターゲットグループに対して、適切で関連性の高いメッセージを配信できます」
Jasper Graf von Hardenberg氏(C3 Creative Code and Content GmbH、エグゼクティブ戦略ディレクター)

3rdパーティのデータに関するFAQ

3rdパーティデータはパーソナライゼーションに役立ちますか?
DMPを効果的に使用すれば、webサイト、電子メール、モバイルアプリにパーソナライズされたコンテンツを表示したり、有料メディアの買付に活用したりできます。また、顧客だけでなく、顧客に類似する利用者(デモグラフィックや行動属性が類似するオーディエンスセグメント)をターゲットに設定して広告を表示できます。

3rdパーティデータの選択肢は、非公開のデータソースしかありませんか?
いいえ。政府のデータベースなどの公開ソースにも、日常の関心事や購入サイクルなどの手がかりになる重要な情報が含まれている場合があります。

3rdパーティデータへの投資対効果を高めるうえで、1stパーティデータが重要になるのはなぜですか?
3rdパーティデータは顧客の全体像を把握するのに役立ちますが、1stパーティデータを利用することで、同じ3rdパーティデータを利用している競合他社との差別化を図れます。1stパーティのデータがあれば、3rdパーティのデータを既存顧客のインテリジェンスの強化に活かすこともできます。

3rdパーティデータに含まれるのは、デジタルのインタラクションのみですか?
いいえ。3rdパーティデータは、デジタルの顧客接点以外からも収集されている場合があります。オフライン購入、コールセンターでの活動やダイレクトメールキャンペーンなど、実世界のインタラクションが含まれる場合もあります。

アドビは3rdパーティのプロバイダーを紹介していますか?
はい。Audience Managerのデータ交換所であるAudience Marketplaceは、広告主や媒体社がアグリゲーターから3rdパーティデータのライセンスを取得できる専用のマーケットプレースです。データプロバイダーはAudience Managerとのサーバー連携を通じて、12時間ごとの定期的なデータ転送を設定できます。

Adobe Audience Marketplaceから利用できる3rdパーティのデータセットには、どのようなものがありますか?
NielsenやAcxiom、Lotameなどのトッププロバイダーのデータを提供しています。業種別のデータセットを取得し、オンライン行動、オフライン行動、デモグラフィック、支出行動、アフィニティなどに関するインサイトを収集できます。

Adobe Experience Cloudがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。

Adobe Experience Cloudがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。