Experience Cloudのユースケース

エクスペリエンスビジネス(顧客体験中心のビジネス)への変革を推進

デジタル化が進み、急速な変化を続ける今日、アドビ製品を利用すれば、マーケティングからIT、顧客サービスに至るまで、あらゆる業務を簡素化できます。クラウドベースの管理システムやAI(人工知能)を利用した統合など、様々なツールを用いてワークフローを自動化し、データの分断を解消して、優れた顧客体験を提供するために必要なインサイトを獲得する方法をご確認ください。

マーキー画像

顧客理解

ビジネスにおいて重要なのは、顧客を正しく知ることです。顧客がいつ何を求めているか、一人ひとりがさまざまなチャネルを通じてどのように接触しているかを理解することができれば、マーケティング施策に役立ちます。

最高の顧客体験を届けるためのコミュニケーションデータの統合
最高の顧客体験を届けるためのデータ活用
最高の顧客体験を届けるためのデータガバナンス

コンテンツ管理

顧客は自分に合う情報、興味を引く情報を求めています。顧客が企業のメッセージに触れるその一瞬は、とても重要です。あらゆるチャネルやデバイスにおいて、一人ひとりに最適なコンテンツを作成し、届けることが求められています。

オムニチャネル体験を実現するためのコンテンツ管理システム
コンテンツの制作と活用を加速させるには
グローバルサイトの一貫性を保つには

カスタマージャーニー

顧客は一人ひとり異なるニーズを持ち、いつでもどこでも、必要な情報にアクセスしたいと思っています。顧客の選んだチャネルや興味関心に合わせて適切な顧客体験を届けるためには、チャネルをまたいで体験を管理し、反応にもとづいて対応できる仕組みが必要です。

最高の顧客体験を届けるためのコミュニケーションデータの統合
最高の顧客体験を届けるためのデータ活用

パーソナライズ

顧客の期待は高まる一方です。顧客一人ひとりのエクスペリエンスをパーソナライズし、その関心を引き付け続けることは、マーケターの使命です。顧客のアクティビティを注視するだけでなく、顧客が求めるものを積極的に、あらゆるチャネルにおいて提供することが求められています。

最高の顧客体験を届けるためのパーソナライズドコミュニケーション


Adobe Experience Cloudがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。