顧客獲得

デジタルの速度を生かして成長するには
 
課題

予算を増やさずとも、新規顧客を獲得するには

「リードジェネレーションやリタゲーティングのキャンペーンを効率化したい」
価値の高い見込み客を引き付けるパーソナライズされたエクスペリエンスを構築するには、キャンペーンデータからインサイトを獲得する方法が必要です。
 
「自社のwebサイトのメッセージと、他のサイトに出稿する広告のメッセージを連動させたい、パーソナライズ、ターゲティングしたい」
外部サイト広告と自社webサイトで発信するメッセージをパーソナライズさせ、効果的に連携しておかないと、新規顧客の拡大に支障が出ます。
 
「最大の利益が得られるところに予算を投入できるように、最良の顧客を見つける方法を特定できるアトリビューションモデルを整備したい」
コンバージョンが増えても、最も信頼性の高いトリガーを把握できなければ、いつまでもマーケティング予算でギャンブルをすることになります。

最良の新規顧客を引きつけるのを妨げる5つの壁

オフサイト広告に顧客情報を活用できない。
 外部サイト広告に顧客情報を活用できない。
コンバージョンに至らない顧客へ、効率的にリターゲティングする方法がない。
コンバージョンに至らない顧客へ、効率的にリターゲティングする方法がない。
 
 オフサイト広告と、オンサイトのメッセージを連携させる手段がなく、パーソナライズされたエクスペリエンスを提供することができない。
 外部サイト広告と、オンサイトのメッセージを連携させる手段がなく、パーソナライズされたエクスペリエンスを提供することができない。
検索連動型広告、ソーシャル広告、ディスプレイ広告をまたぐ反応と相乗効果を十分に把握できない。
検索連動型広告、ソーシャル広告、ディスプレイ広告をまたぐ反応と相乗効果を十分に把握できない。
テクノロジーの連携が不十分なため、顧客の反応に対して適切に対応するのが難しい。
テクノロジーの連携が不十分なため、顧客の反応に対して適切に対応するのが難しい。

顧客を増やすにはデータの検討を

統合されたアクセス可能な顧客データで、現在の顧客と同様の新規オーディエンスを見つけやすくなります。しかし、多くのマーケターがデータとテクノロジーの問題を指摘しています。
66%

「66%のマーケターが、不正確であったり、矛盾していると、自社のデータに問題があることを認めています」

51%

「51%がマーケティングテクノロジーに問題があると回答しています。データのマッチングが遅い、機能が不十分、連携できないことが問題です」

「Acquisition Evolved」レポート(アドビ、2017年2月)
 
解決策

顧客が残す手がかりを読み解く

減速する顧客獲得 vs 加速する顧客獲得
減速する顧客獲得では、デジタルチャネルから収集した顧客データが広告に使用されず、リターゲティング機能も限定的で時代遅れになってしまっています。検索連動型広告、ソーシャル広告、ディスプレイ広告などの有料メディアチャネルの貢献度を正しく評価できないと、デジタルチャネルからのROIの伸びは鈍化します。
vs
加速する顧客獲得では、価値の高い顧客がどこにいようとも、より迅速に低コストでエンゲージできます。複数のチャネルから得られる行動データでオーディエンスセグメントを強化します。また、リアルタイムに適切なチャネルの貢献度をとらえ、有益なエンゲージメントとコンバージョンを増やすこともできるようになります。

顧客獲得とは:オンライン行動データの収集、高い顧客生涯価値を有するオーディエンスセグメントの構築、クロスチャネルの動的なエクスペリエンスの提供を通じて、適切な相手をより多く引き付け、取引を完了させる能力を高めること

顧客獲得とは:オンライン行動データの収集、高い顧客生涯価値を有するオーディエンスセグメントの構築、クロスチャネルの動的なエクスペリエンスの提供を通じて、適切な相手をより多く引き付け、取引を完了させる能力を高めること

成功している企業は、次のような方法を用いて、新規顧客を着実に獲得し、顧客層を常に拡大させています。
複数ソースからのデータを統合して作成した、単一のオーディエンスセグメントをターゲットにする。

複数ソースからのデータを統合して作成した、単一のオーディエンスセグメントをターゲットにする。
顧客のデジタル行動を追跡して、オーディエンスセグメントを強化し、ターゲティングの精度を上げる。

顧客のデジタル行動を追跡して、オーディエンスセグメントを強化し、ターゲティングの精度を上げる。
サードパーティサイトに向け、自社webサイトにおけるパーソナライズしたメッセージと連携する動的広告を配信する。

サードパーティサイトに向け、自社webサイトにおけるパーソナライズしたメッセージと連携する動的広告を配信する。
インパクトの貢献度を評価して、あらゆるチャネルをまたいで予算を最適化する。

インパクトの貢献度を評価して、あらゆるチャネルをまたいで予算を最適化する。

何百万もの顧客にリーチ

何百万もの広告を制作し、個々の顧客に一斉に配信するためのソリューションについては「Brilliant Advertising」をお読みください。
 

アドビの強み

顧客獲得を効率化するなら、アドビのソリューション

ビジネスの将来は、価値の高い新規顧客を必要以上のコストをかけずに獲得できるかどうかにかかっています。

最初に、アドビの適切な分析プラットフォームを使い、webサイトの新規および匿名訪問者を特定します。分析テクノロジーを用いて、これらの訪問者の特性や行動に関するデータを収集することで、訪問者とその好みの特定を向上させることができます。

非常に有望な見込み客を、わずか4ステップで特定

収集

収集
オンライン行動データを収集し、それを使用してセグメントを構築してオファーを作成します。

構築

構築
統合されたデータからオーディエンスセグメントを構築し、データを補足して強化します。

提供

提供
あらゆるチャネルをまたいで、リアルタイムに適切なオファーを提供します。

連携

連携
パーソナライズしたエクスペリエンスを構築するために、オフサイト広告と自社webサイトのメッセージを連携します。

アドビのソリューションは、web上の行動履歴やCRMなどのソースからデータを収集し、オーディエンスセグメントの構築および強化に役立ちます。データ管理プラットフォームでこのデータを組み合わせれば、より正確なターゲティングをおこなうためのオーディエンスセグメントを作成できます。顧客をセグメント化することで、適切なオーディエンスに動的なオファーを提供して、よりパーソナライズされたエクスペリエンスを構築できます。
最後に、オーディエンスIDに、自動的に適したコンテンツを関連付けるルールベースのターゲティングシステムを使って、webサイト上のパーソナライゼーションまでのプロセスサイクルを完成させ、よりすばやいレスポンスを大規模に提供できるようになります。
作成方法

データドリブン型の目標を立てて検索連動型広告を最適化する

検索連動型広告は、最も重要な顧客獲得戦略です。アドビのAdobe Advertising Cloudアカウントマネージャー兼検索連動型広告スペシャリストが、検索連動型広告を効果的に活用するためのヒントをご説明します。
 
 

ユーザーの声

Westjet
新規顧客を続々と獲得
カナダの航空会社WestJetは、「支出の減少は、収益の減少を意味しない」という同社の経営哲学は顧客獲得戦略にも当てはまるはずだと考えています。アドビのソリューションを利用することで、WestJetは予算を最大限に活用して、コンバージョンの促進、エクスペリエンスの向上、自社webサイトでのセールス促進に役立つ適切な広告で顧客にリーチしています。
Ahmed Elemam氏

「キャンペーンがどれだけ成功するかを予測できるので、顧客に他のチャネルではなく当社のwebサイトでの予約を促すうえで、どのキャンペーンが最適であるかがわかります」

Ahmed Elemam氏
シニアデジタルアナリスト(WestJet)

アドビのソリューションを活用した顧客獲得戦略で、WestJetはこれらを実現しました。

  • 検索エンジンマーケティングのサポートにかかる時間を40%短縮
  • 週末キャンペーンの総コストを14%削減
  • 顧客に合わせたコンテンツとキャンペーンのリターゲティングにより、コンバージョンが向上
  • クロスチャネルデータにもとづいた顧客ニーズの把握

より多くの優良顧客を、より迅速に獲得

アドビは、高価値顧客への転換とリテンションを支えます。統合されたデータソースから明確なオーディエンスセグメントを構築し、説得力のあるコンテンツを作成してチャネルを最適化することができます。さらに、イベントチェーン全体がアドビのソリューション内で管理されるので、業界でも前例がないシームレスなエクスペリエンスを実現できます。デジタル顧客獲得戦略を促進するだけでなく、正しいソースに起因した成功であるため、コスト管理も可能です。
組み合わせたデータセットによるターゲティングで、新規アカウントの質を高めることができます。
組み合わせたデータセットによるターゲティングで、新規アカウントの質を高めることができます。
メッセージを行動に結び付けることで、コンバージョン率を改善できます。
メッセージを行動に結び付けることで、コンバージョン率を改善できます。
マーケティング予算を貢献度に応じて適切に配分し、最大限に活用できます。
マーケティング予算を貢献度に応じて適切に配分し、最大限に活用できます。

顧客獲得で企業の成長を維持

価値の高い顧客を引きつけ、維持することで、マーケティングの価値を向上する