大切な顧客の心をつかむために

データドリブンへの道:データを駆使して顧客の全体像を把握するには?  ガイドを読む

効率的な顧客獲得が、これまでよりも複雑で困難な作業になりつつあります。オーディエンスの多様化が進んでいるため、広告とマーケティングを一元的に実施しなければ、ターゲットオーディエンスを魅了して関係を構築し、コンバージョンを達成しようとする試みに、時間とコストを浪費することになります。まずは広告戦略の見直しから始めて、顧客獲得を効率化しましょう。

顧客獲得について詳しく見る >

「Adobe Advertising Cloudで複数のデータソースを活用することで、キャンペーンの展開中に、デバイスをまたいだターゲティングおよびリターゲティングの詳細な設定が可能になりました。これは、オンラインでの購入やwebサイトの訪問など、コンバージョンを高めるための重要な要素のひとつです」

Francesca Parodi氏(Dell、南北アメリカマーケティング担当VP)

Dell

顧客理解を深めるために、もっと多くのデータを

 

閲覧行動、コンバージョン履歴、検索連動型広告やキャンペーンに対する反応など、顧客の行動傾向をとらえたデータを集める必要があります。

アドビがお役に立ちます。 Adobe Analyticsなら、モバイルからオーディオ、音声、webサイトに至るまで、あらゆるデジタル接点を測定して、オーディエンスの行動を把握できます。Adobe Advertising Cloudと組み合わせれば、広告への投資がどのようにしてオーディエンスの行動を引き出し、売上などのビジネス上の成果を生み出すのかを、さらに詳しく把握できるようになります。


あらゆる顧客をセグメントに分ける

優良顧客の特徴にもとづき、1stパーティ、2ndパーティ、3rdパーティのデータを組み合わせて、新しい顧客プロファイルを構築できます。複数のアカウントまたはバンドルポリシーを持つような顧客がターゲットになります。

アドビがお役に立ちます。 Adobe Audience Managerなら、あらゆる顧客データを集約して、統合されたオーディエンスセグメントを作成できます。これにより、webサイト、検索、モバイル、オーディオ、屋外デジタル広告などで同じ顧客をターゲットにできます。


パーソナライズされた最適なエクスペリエンス

オーディエンスのプロファイルを構築したら、これらのセグメントをあらゆるチャネルで利用して、エクスペリエンスをパーソナライズすることができます。

アドビがお役に立ちます。Adobe Advertising Cloudなら、Adobe Audience Managerからオーディエンスのプロファイルを引き出し、それぞれのセグメントに対して最適な広告を提供できます。動的な広告を、検索、プログラマティックなディスプレイ広告、あらゆる形式のTV広告をまたいで提供できます。


最適なエクスペリエンスで優良顧客を獲得

 

顧客セグメントをよく理解し、顧客一人ひとりに最適化されたエクスペリエンスを提供できるようになれば、デジタルチャネルで有望な顧客を見つけ、得意客へと育てることができます。これらのプロファイルを従来のメディアと結び付けることもできます。これにより、デジタルチャネルでの顧客開拓計画と予算において、より大きな成果を上げることができます。

アドビが選ばれる理由

従来、統合された広告プランを展開するためには、いくつものポイントソリューションをつなぎ合わせる必要がありました。今では、Adobe Experience Cloudが必要なあらゆる機能をひとつの統合ソリューションとして提供します。分析、データ管理、最適化、オムニチャネル広告の計画、広告取引、レポートの機能をこれほど緊密に統合しているソリューションは他にありません。

 

オーディエンスがどこにいても、クロスチャネル動画でリーチ

動画広告基盤ベンダーについてForresterは10項目の比較を行い、アドビをリーダーと評価しました。詳細は「The Forrester New Wave™ : Cross-Channel Video Advertising Platforms, Q3 2019」をご覧ください。

Magic Quadrantで連続リーダー

「Gartner Magic Quadrant for Ad Tech, 2019」でアドビはリーダーと評価されました。

 

 

エクスペリエンスを強化するデータ活用

マーケティングの新しい可能性


Adobe Experience Cloudがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。