あらゆる角度から顧客を理解

DMPでオンラインとオフラインの融合した魅力的な顧客体験を実現するには。 ガイドを読む >

ビジネスにおいて重要なのは、顧客を正しく知ることです。顧客がいつ何を求めているか、一人ひとりがさまざまなチャネルを通じてどのように接触しているかを理解することができれば、マーケティング施策に役立ちます。ところが顧客理解に役立つデータはさまざまなシステムにサイロ化して保管されていることが多く、これらをまとめるのは非常に困難です。たとえ顧客情報を統合できたとしても、マルチチャネルに分散しているデータからアクションにつながるインサイトを導き出すには、時に大変な労力を要します。

顧客インテリジェンスについて詳しく見る

Time Warner Cable

 

日産は世界でも有数の自動車メーカーであり、信頼性と価値の高いエクスペリエンスの提供を顧客から期待されています。その期待に確実に応えるために、日産はパーソナライズされたコンテンツを制作し、コミュニケーションを促進して、コンバージョン率の向上と販売サイクルの短縮を実現しました。

 

顧客インサイトは顧客インテリジェンスから

Adobe Analytics

万人に同一のコミュニケーションをおこなう従来の方法は、もはや通用しません。 顧客は、ブランド企業が顧客の望みに沿った対応をしてくれることを期待しています。個々の顧客がどのようなコンテンツに反応するか、どのチャネルを使用しているか、どのようなターゲティング方法が最も効果的かを理解する必要があります。競合する無数のサイトの中で、わずか数クリックの差で勝ち残っていくためには、瞬時に対応するスピードが勝負を分けるのです。

アドビがお役に立ちます。 Adobe Analyticsが、マルチチャネルのデータを分析し、何が起きているのかをリアルタイムで明確に把握します。あらゆる角度から顧客一人ひとりの全体像を把握し、強力な予測モデルを使用して、顧客が行動を起こす前に顧客ニーズを予見します。 


キャンペーンに必要なツールすべてがここに

 

Adobe Campaign

顧客は、ブランドとのあらゆる接点で一貫したエクスペリエンスを期待します。店内でもモバイルアプリやサイト上でも、あらゆるチャネル全体で調和したエクスペリエンスをパーソナライズしながらリアルタイムで提供しなければなりません。電子メールの内容をカスタマイズし、成果を測定する必要もあります。

アドビがお役に立ちます。 Adobe Campaignは、あらゆるオンラインとオフラインのチャネルをまたいで、パーソナライズされたキャンペーンを提供するのに役立ちます。クロスチャネルキャンペーンのプランニング、実施、テスト、管理を一元的におこなうことができます。マーケティングの自動化も可能なので、アクションにリアルタイムで対応し、キャンペーンの効果を向上できます。


顧客の理解度が高まるほど、顧客との関係も向上

 

Adobe Audience Manager

オンライン、オフラインのデータを収集しても、これらすべてのデータを統合するのは非常に困難です。オーディエンスがあるとはいえ、その情報は断片的で不十分な状態です。あらゆるデータをひとつにまとめ、あらゆるチャネルで最も高価値なセグメントを見極める必要があります。求められるのは、顧客一人ひとりと関わり合えるような仕組みです。

アドビがお役に立ちます。 Adobe Audience Managerが生み出すオーディエンスプロファイルは、webやソーシャル、検索、モバイルなど、あらゆるチャネルで利用できます。ファーストパーティー、セカンドパーティ、サードパーティのデータをひとつにまとめ、それぞれの顧客の全体像を把握できます。よりスマートにパーソナライズするため、新たなセグメントを発見するとともに、どのプラットフォームにおいても、価値の高いセグメントを識別することができます。


多忙な顧客の最新情報を常に把握

 

Adobe Analytics for Mobile

ブランドに接する顧客にとって、オンラインとオフラインの境界はあいまいになっています。顧客はあらゆるチャネルでシームレスなエクスペリエンスを期待するようになっています。このため、マーケターは、モバイルやwebサイト、実店舗など、あらゆるチャネルにおけるインタラクションを統合しなければなりません。

アドビがお役に立ちます。 Adobe Analytics for Mobile Appsが、あらゆる分析機能をひとつにまとめます。モバイルアプリのユーザーを把握し、モバイルアプリのインタラクションをキャンペーン全体で活用することができます。GPS位置情報やビーコンからの距離にもとづいた位置情報分析とターゲティング機能を用意しています。

かつてないほど情報を活用 
 

Adobe Experience CloudとMicrosoft Dynamics 365 CRMを統合することで、カスタマージャーニー全体を把握できます。強力なAdobe AnalyticsとPower BIを組み合わせることで、自社のインテリジェンスを実用的なものへと変えられます。
 

機能豊富な統合ソリューションで個々の顧客の全体像を把握

 

アドビが選ばれる理由

Adobe Experience Cloudは、顧客を詳細に把握し、パーソナライズしたキャンペーンを構築するとともに、あらゆるアセットを管理するために必要なあらゆるツールを備えています。それぞれの顧客の全体像を把握できるので、顧客が何をいつどのように期待するかを予測することができます。 完全な統合ソリューションなので、あらゆるデータにアクセスし、一つひとつのインタラクションにインサイトを活用することができます。

アドビを選ぶ理由

以前は、このような統合デジタルマーケティングを実践するためには、機能の異なる個別のソリューションをつなぎ合わせて使用する必要がありました。今では、Adobe Experience Cloudが必要なあらゆる機能をひとつの統合ソリューションとして提供します。分析、データ管理、最適化、パーソナライズの機能をこれほど深いレベルで統合しているソリューションは、他にありません。

アドビはデジタルインテリジェンスプラットフォームの唯一無二のリーダー

分析をデジタルインテリジェンスへと進化させるために、アドビが最高のパートナーである理由を、最新のForrester Waveでご確認ください。

エクスペリエンスを強化するデータ活用

どの業界でも、データは顧客エンゲージメントの強化に役立ちます。各業界を通じて、データドリブン型マーケティングはどのように役立つでしょうか。

コンバージョン率を向上させたい
顧客の動向を予測して効果を高めたい
DMPを構築してオーディエンスの精度を高めたい

Adobe Experience Cloudがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。