スキャン、理解、改善のサイクルを回す

スキャン、理解、改善のサイクルを回す

監査を恐れる必要はありません。Adobe Experience Platform Auditorを利用すれば、監査は価値のあるインサイトをもたらす、有用で、楽しみなものにさえなります。Auditorはその名の通り、導入済みアドビ製品のタグをスキャンして監査をおこない、改善方法に関するレコメンデーションを作成します。それにもとづいて投資を最大限に活かし、優れた顧客体験を構築できます。

利点

 

ページを一括スキャン
アドビ製品を対象として、一度に100ページをスキャンできます。必要に応じて任意のページを含めたり、除外したりすることも可能です。

実装状況を理解
導入済みアドビ製品のタグの実装状況、設定、一貫性を採点し、レポートを作成します。

詳細なレポートにもとづき改善
レポートのレコメンデーションにもとづき、導入済みのアドビ製品を調整して改善できます。

利点

コミュニティの力でさらなる価値を

Adobe Experience Platform Auditorは、ObservePointとの共同開発で生み出された、Adobe Experience Platformを基盤とする初のパートナー製品です。Adobe Experience Platformを基盤とするパートナー製品が増えれば増えるほど、その価値が高まります。

Adobe Experience Platform Auditorの機能

実用的な監査

webサイト全体にわたって複雑に導入されているアドビ製品を保守することは手間がかかり、常にwebサイトが更新されている場合はひときわ困難です。Adobe Experience Platform Auditorを使用すれば、管理が容易になります。どのアドビ製品が機能していて、どれが機能していないか、また何が改善できるかを理解できます。Adobe Experience Platform Auditorの機能と、どのようにサイトの改善に役立つのかをご覧ください

この機能があれば、本当の意味で役に立つ監査を実施できます。

監査を実施し、スキャンしたURLと、設定、タグの一貫性、タグの有無など、そのwebページに関する問題をレポートします。

改善の余地がある実装や適切に機能している実装の概要をレポートに示し、「強く推奨」、「推奨」、「合格」というマークを付けます。

任意の数の監査を任意の頻度で実施できます。一度の監査でスキャンできるのは最大100ページです。

エキスパートが作成した厳しいテストを利用して、実装が適切に機能しているかを確認できます。

監査レポートが作成されたらすぐにPDFとしてダウンロードし、すばやく共有することができます。

最新の有効なテクノロジーを使用しているかどうかを確認できます。

Adobe Experience Cloudをご利用の場合は、Experience Platform Auditorをサブスクリプションの一部として無料で利用できます。

Adobe Experience Platform Auditorの関連情報

ドキュメント

ドキュメント

最新のリリースノートやFAQ、ガイドなどをアドビのヘルプセクションでご確認ください。

監査

監査

webサイトの監査について詳しく説明したブログ記事をお読みください。

Adobe Experience Platformが

お客様のビジネスに

どのように役立つのかを

ご案内します。

Adobe Experience Platformがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。