リアルタイムな顧客体験の最適化は、効率的なデータ収集から始まる
リアルタイムな顧客体験の最適化は、効率的なデータ収集から始まる

リアルタイムな顧客体験の最適化は、効率的なデータ収集から始まる

データを収集するプロセスが遅かったり、不正確であったりすると、詳細なインサイトの取得や効果的なパーソナライゼーションを実行できない可能性があります。Adobe Experience Platform Data Ingestionを使用すれば、企業全体をまたいで、顧客データをかつてないほど迅速かつ容易に収集し、標準化と管理をおこなえます。

利点

顧客の期待に応える
大量のデータをリアルタイムに処理し、内外のワークフローに配信可能です。

時間とリソースを節約
処理したデータのフィードバックが即座に得られるので、エクスペリエンス配信のロードマップを加速できます。

プロセスを効率化
データストリームとリアルタイム処理を簡略化できます。

利点

データストリーム

リアルタイムインサイトを生む、リアルタイムストリーミング

リアルタイムのデータ処理では、処理速度が遅すぎると対応できなくなるという、独特の課題に直面します。例えば、データが大きいと処理しきれないことや、データ転送が困難になることが考えられます。こうした状況に対応するために、アドビは外部システムと内部ソリューションに共通するパスを構築し、Adobe Experience Platformにデータをすばやく流し込めるようにしました。

リアルタイムインサイトを生む、リアルタイムストリーミング

データ収集は、ストリーミングの設定と管理、多数の「ストリーミング先」を持つ1対多のストリーミング、マルチレコードペイロードのサポートを利用して実行します。

ストリーミングデータは、非同期および同期完全XDM検証、識別可能性の指標、マイクロバッチアーカイブ、データレイクに対するエラーレコードの取得を利用して検証します。 

Adobe I/O Eventsとの連携

バッチデータ

数ペタバイトのデータを収集し、SLAの範囲内で使用可能にします。

XDMと非XDMのスキーマを収集できるようになりました。 

アドビの製品内でDirectWriteを使用する場合は、Adobeサポートをいつでも利用できます。

リアルタイムインサイトを生む、リアルタイムストリーミング

リアルタイムのデータ処理では、処理速度が遅すぎると対応できなくなるという、独特の課題に直面します。例えば、データが大きいと処理しきれないことや、データ転送が困難になることが考えられます。こうした状況に対応するために、アドビは外部システムと内部ソリューションに共通するパスを構築し、Adobe Experience Platformにデータをすばやく流し込めるようにしました。

リアルタイムインサイトを生む、リアルタイムストリーミング

Adobe Experience Platform Data Ingestionの関連情報

ホワイトペーパー

ホワイトペーパー

Adobe Experience Platform Data Ingestionの詳細について、ホワイトペーパーをお読みください。

Adobe Experience Platformが

お客様のビジネスに

どのように役立つのかを

ご案内します。

Adobe Experience Platformがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。