理想的なエクスペリエンスの創出に必要なツールを自由に開発

理想的なエクスペリエンスの創出に必要なツールを自由に開発

パーソナライズされた顧客体験を提供するには、必要なツールを特殊なリソースに頼ることなく自由に開発できる環境が必要です。アドビの開発者向けサービスを利用すれば、アドビのツールとテクノロジーを基盤とするアプリやエクスペリエンスを容易に統合、拡張、カスタマイズ、構築し、優れたエクスペリエンスをリアルタイムに近い形で提供できます。

利点

Adobe Experience Platformの強力な機能を活用
独自のサービスやワークフローを追加、構築したい場合にも、エクスペリエンスをビジネスニーズに合わせて容易に拡張、構築できます。

開発者による、開発者のためのサービス
Adobe I/O RuntimeとAdobe I/O Eventsを利用すれば、サーバーレスのイベントドリブン型アプリケーションを構築できます。

開発者を支える優れた環境
API、イベント、機能、ツール、ドキュメンテーションなどに容易にアクセスできます。

利点

Adobe I/O — 開発者がアドビのツールを最大限に活用できる環境

アドビの開発者は、アドビのテクノロジーを活用してプロセスを統合、拡張したり、アプリを開発する場面などで重要な役割を果たします。Adobe I/Oの詳細と、プラグインや拡張機能を含む様々な開発でアドビの開発者と協業したり、潤沢なソースを活用する方法についてご覧ください。

Adobe I/O Runtime

Adobe Experience Platformを一段とパワフルに

Adobe I/O Runtimeを使用すれば、アドビのコンテンツ、データ、サービスに容易にアクセスできます。ビジネスニーズに即して調整された独自のワークフローでイベントに応答し、強力なイベント駆動型アプリケーションを構築できます。独自のサービスを追加する場合も、コンテンツとデータ(サードパーティデータを含む)と組み合わせてアドビの基盤に再利用可能な独自のワークフローを構築する場合も、Adobe I/O Runtimeなら、ペーパーレスな環境であらゆる作業を容易に実行できます。Adobe I/O Runtimeへの高速なアクセスを利用して、JavaScriptのコードを含む独自のコードを迅速にデプロイしましょう。追加の同意書やライセンスは不要です。

GDPR対応を支援

イベントに応答して機能を実行する独自のコードをクラウドにすばやくデプロイするという方法で、Experience Platformをこれまでより一層容易に拡張できます。

アドビのコンテンツ、データ、サービスに容易にアクセスし、ビジネスに即してワークフローを調節できます。サーバー設定をおこなわなくても、あらゆる作業が可能です。

カスタムソリューションを構築するには、コードを記述してAdobe Experience Platform上にデプロイし、アドビのサービス、コンテンツ、データと他のAPIを組み合わせて、的確にパーソナライズされたエクスペリエンスを提供します。

Adobe I/O Events

開発者は、顧客の行動にプログラムを利用して応答できるので、ターゲティングされ、パーソナライズされた効果的なエクスペリエンスをほぼリアルタイムに提供できます。

独自のワークフローを調節してイベント駆動型のワークフローに容易に変更できます。

イベント駆動型ワークフローを作成して優れたエクスペリエンスを創出。

Adobe I/O Eventsを導入したイベント駆動型アーキテクチャを利用すれば、ワークフローを効率化してマーケティングの成果を向上できます。このアーキテクチャでは、顧客の行動にプログラムで応答でき、効果的にターゲティングされたエクスペリエンスを迅速に提供できます。

GDPR対応を支援

Adobe Experience Platformが

お客様のビジネスに

どのように役立つのかを

ご案内します。

Adobe Experience Platformがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。