無数のデータポイントをひとつのデータモデルに集約
無数のデータポイントをひとつのデータモデルに集約

無数のデータポイントをひとつのデータモデルに集約

データの量やデータソースの数は増加する一方です。そのため、データにもとづいて行動を取ることはしばしば難しく、多くの費用や時間を必要とします。しかし、Experience Data Model(XDM)を使用すれば、データソースの種類に関係なく、あらゆるデータを集約して、企業の様々な業務に活用できます。さらに、データドリブン型の魅力的なエクスペリエンスを構築することも可能です。

利点

データを容易に共有し、有益なインサイトを獲得
クロスチャネルの顧客体験に関するデータを共有することで、顧客に関するインサイトを低コストですばやく活用します。

データのシンプル化と標準化
情報をシンプルかつ一貫した方法で保存できるように、データの命名や分類、形式などを統一します。

柔軟性、オープン性、拡張性の向上
トータルな管理と、独自のフィールドや属性をデータに追加することで、全社的なデータ活用を促進します。

データを利用してアプリケーションを強化
新しいデプロイとチャネル、ソースをシンプルに活用します。XDMを読み込めるアプリケーションなら、新しいデータを自動的に認識できます。

迅速な対応で価値を向上
XDMベースのデータ構造を認識するインテリジェントなサービスを繰り返し実装、採用できます。

利点

Experience Platform XDMの機能

データごとに固有の重要な手掛かりを見つける

異種のデータセットが混在する環境下でのデータ活用は、エンジニアやデータサイエンティストを日々悩ませています。このような環境では、データの解釈、変換、再変換を各ステップで継続的に実施する必要があるからです。XDMは、データのクリーニングや構造化などの作業を不要にし、担当者が本来の業務、すなわち、ビジネスを成功に導くための有効で実施可能なインサイトの導出に専念できるようにします。

JSON-SchemaとJSON-LDによる階層スキーマを使用します。

XDMを使用して、複数のチャネルや顧客接点からの記録と時系列データを標準化します。

XDMや業界標準スキーマ(Microsoft Common Data Modelなど)、ベンダースキーマなどを含む豊富なスキーマライブラリを利用できます。

XDMはCreative Commons Attribution 4.0 Internationalライセンスの下で発行されているので、デジタルエクスペリエンスがアドビ製品の一部であるかどうかを問わず、そのすべての概念を取り込むことができます。

Experience Platform XDMの関連情報

ホワイトペーパー

ホワイトペーパー

Adobe Experience Data Modelの詳細について、ホワイトペーパーをお読みください。

Adobe Experience Platformが

お客様のビジネスに

どのように役立つのかを

ご案内します。

Adobe Experience Platformがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。