個人データの利用とプライバシーの尊重
個人データの利用とプライバシーの尊重

個人データの利用とプライバシーの尊重

顧客体験の向上には多くの個人データが必要です。こうした個人データを使用する場合には、顧客のプライバシーを尊重しなければなりません。新しいAdobe Experience Platform Privacy Serviceは、消費者のプライバシーを尊重しながら個人データを活用するために必要な、しっかりとしたプライバシー機能を備えています。

利点

GDPRへの対応
GDPRへの対応を目標にすることは、顧客体験を向上させるチャンスになります。

オプトインオブジェクトを使用したタグのコーディネート
オプトインオブジェクトを使用して、同意管理プラットフォームにユーザーの同意を記録する前または後に適用するアドビのタグを決定します。

利点

GDPRへの対応

GDPR対応を支援

アドビは、ユーザー企業がAdobe Experience CloudによってGDPRに対応できるよう、Adobe Experience Platformに様々なデータプライバシー機能を搭載しました。これらの機能の詳細と利用方法をご覧ください。

GDPRへの対応について詳しく見る

GDPR対応を支援

アドビのGDPR APIを使用すると、個人データへのアクセスや削除を希望するデータ主体から送信されたGDPR要求をすばやく管理できます。

GDPR要求を実行するには、GDPR UIのビジュアルインターフェイスを使用します。このインターフェイスは、単発の要求を個別の実装なしに処理できるように設計されています。

GDPR要求内で参照する必要があるデータタイプを特定、ラベル付けして、Adobe Experience Cloudに送信できます。Adobe Analyticsでのデータのラベル付けについて詳しくは、こちらを参照してください。

ユーザーIDを取得し、GDPR API呼び出しに含めて処理できるよう、個人がGDPR要求を送信するフォームページにGDPR ID取得タグをデプロイします。

同意の取得を容易にするために、Evidon、OneTrust、TrustArcなどの同意管理ソリューションとアドビ製品を連携させる機能が組み込まれています。これらの連携機能は、Adobe Experience Platform Launchから利用できます。

オプトインオブジェクト

同意を得る前にCookieの生成を許可するソリューションと許可しないソリューションを指定します。

あらゆる同意管理プラットフォームと連携できます。

サードパーティのDemdexサーバーの呼び出しを、同意管理プラットフォームに同意が記録されるまで遅延させます。

アドビのオプトインオブジェクトをAdobe Experience Platform Launchのエクステンションとしてデプロイできます。

信頼はプライバシーが保証された基盤から

新しいテクノロジーや規制が登場するにつれて、プライバシーの重要性が増しています。オプトインオブジェクトを使用すれば、あらゆる段階で顧客のプライバシーを尊重し、全方位で優れたエクスペリエンスを提供できます。その結果、顧客と相互の信頼関係を育むことができます。これにより、プライバシーに関する不安を取り除き、法規制への対応を容易にし、独自の法的ポリシーに準拠することができます。さらに、あらゆる同意管理プラットフォームと柔軟に連携したり、オプトインオブジェクトをAdobe Experience Platform Launchの拡張機能として組み込むことで、時間を節約できます。こうした機能が揃えば、ロイヤルティと信頼を向上させる、顧客を尊重したエクスペリエンスの構築に注力できるようになります。

信頼はプライバシーが保証された基盤から

Adobe Experience Platformが

お客様のビジネスに

どのように役立つのかを

ご案内します。

Adobe Experience Platformがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。