データが語るストーリーを読み解く

一つひとつのデータポイントは、大きなストーリーの一部を成しています。しかし、そのストーリーを読み解くには、適切な命題が必要です。Adobe Experience Platform Query Serviceなら、行動データ、CRMデータ、POSデータなど、あらゆるデータセットに対してクエリを実行し、そのデータに関する具体的な命題への回答を入手できます。そして、それは有益なインサイトにつながります。

利点

データの理解
顧客データの探索と関連付けによって、顧客が企業に与える影響のあらゆる側面を把握できます。

インサイトの獲得
複数の商品やサービスをまたぐ行動データを分析することにより、より多くの詳細なインサイトをすばやく獲得できます。

すばやいアクセスで反復的な改良を促進
Adobe Experience Platformで直接分析することによって、データ処理にかかる時間を減らし、反復的な改良への十分な時間を確保できます。

ビッグデータの収集
SQLをサポートする任意のサードパーティ製ツールを使用して、直接接続し、データを取得できます。

強力なクエリ機能

データの価値を最大限に活用

膨大なデータと大量のデータセットがあっても、データのクエリや操作を容易に実施する方法がなければ、何をするのも困難です。Adobe Experience Platform Query Serviceなら、このようなデータセットをAdobe Experience Platform内のSQLによってクエリできます。また、Query Serviceのクエリ機能を使用して、大きなデータセットから必要なデータだけを抜き出すことも可能です。データを効率的に実際のアクションに活かすことができます。

あらゆるクエリを自在にコントロールできます。インタラクティブジョブで手動実行することも、バッチジョブで自動実行することもできます。

レコードを時間別のカスタムサブグループに分け、トラッキング用のセッション番号とセッションページ番号を生成できます。

複雑な結合や、ネストしたクエリ、ウィンドウ関数、時間区分にもとづくクエリがサポートされています。

データを類似グループに分割することで、重要な顧客イベントを評価します。

訪問者が様々なチャネルをどのように行き来しているかを把握できます。

質問の答えをより柔軟に探すことができます。

入力についての詳細な要約、結合、ロールアップを取得できます。

テクノロジー統合

Adobe Experience Platform Query Serviceからのクエリを、Adobe Experience Platformの他の機能(データサイエンスワークスペースなど)で使用できます。

Adobe Experience Platform Identity Serviceの機能を利用して、あらゆるクロスチャネルデータを統合できます。

Adobe Experience Platform Unified Profileにクエリを発行できます。

いくつかの組み込みAdobe Senseiエクステンションによって、機械学習と人工知能を利用できます。

データをAdobe Analytics Classificationsに結び付けることで、ソースレポートの詳細なデータをグループ化または分類して、メタデータを製品化できます。

Adobe Analyticsと連携して高度な計算指標を使用し、新しい指標として使用する統計的演算を作成できます。

ひとつのプラットフォームで実現するひとつのエクスペリエンス

Adobe Experience Platform Query Serviceはアドビのサービスなので、Adobe Experience Cloudのあらゆるツールのデータをまたいでオムニチャネルクエリを実行でき、Adobe Campaign、Analytics、Audience Manager、Target、Advertising Cloudのデータを結合したり、分析することができます。これにより、顧客の期待に応えるデータドリブン型のパーソナライゼーションを容易に実現可能です。

オムニチャネルのサポート

あらゆるチャネルのあらゆる顧客に対応

今日の顧客は、時間と場所を問わず、的確なサポートを期待しています。そのため、企業側は顧客が所有する複数のデバイスのどれを使用している場合でも、その顧客と特定できなければなりません。Adobe Experience Platform Query Serviceなら、あらゆるチャネルから得られる様々なデータを明確に把握できます。このデータは、顧客を理解し、最適なエクスペリエンスを提供するために役立ちます。

お好きなツール内で、Adobe Experience Cloudのペタバイト規模の顧客データに対してオムニチャネル分析やレポートを実行できます。

データレイクに保管されているアドビ製品と他製品の顧客データ全体にまたがって、オムニチャネルデータ分析を実行できます。

使いやすい標準インターフェイスでサードパーティとすばやく連携できます。このインターフェイスを使用して複数のBIツールからデータセットをクエリすることで、オムニチャネルのユースケースが明らかになり、アドビ製品への投資効果を向上させることができます。

ストレージから取得する際にデータをスキーマに当てはめるので、変換をおこなわなくても、そのデータを複数の方法で分析できます。

標準のSQL言語を使用して、構造体、配列、マップなどの複雑なデータタイプを利用できます。

強力なUI

強力で、サーバーレスで、ペタバイト規模のクエリエンジンを使用して、あらゆるオムニチャネルデータを管理できます。

フリーフォームクエリ内で、クエリを作成したり、分析をスピードアップするクエリ実行をプレビューしたりできます。

大きな成果をもたらす強力なワークスペース

データの処理は複雑です。多大な労力を要する単純作業を効率的に処理できるインターフェイスがあれば、プロセス全体を能率化できます。Adobe Experience Platform Query Service内の多機能ダッシュボードやフリーフォームのユーザーエクスペリエンスを利用すれば、必要な処理を容易に実行し、望ましい成果を迅速に達成できます。

Adobe Experience Platform Query Serviceの関連情報

Adobe I/O

Adobe Experience Platform Query Serviceの機能の詳細について、Adobe I/O Data Servicesのページをご覧ください。

エクスペリエンスデータモデル

エクスペリエンスデータモデルに対するオープンソースのアプローチについて詳しく説明したアドビのブログをご覧ください。

イノベーション

Adobe Experience Platformに追加した新たな機能について、アドビのブログをお読みください。

Adobe Experience Platformがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。

Adobe Experience Platformがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。