無料のスタンプカードのテンプレート

スタンプカードのテンプレートから選んで、すぐにデザインすることができます。

スタンプカードを今すぐ作成

Adobe Sparkでブランドスタンプカードを作る。

お客様やクライアントに報いるために、スタンプカードを用意しましょう。独自のパンチ、リワード、ブランディングを備えたブランドスタンプカードをデザイン。Adobe Sparkのプロ仕様のテンプレートを見てインスピレーションを得た後、1つを選んでリミックスしたり修正したりすることができます。作成したデザインを自宅や職場でプリントアウトしたり、プロの印刷会社に送ったりすることも、オンラインショッピングやビジネスに必要なデジタル版を作成することもできます。テンプレートを選んで、カスタマイズして、共有するだけの簡単な作業です。

スタンプカードを今すぐ作成

スタンプカードの作り方。

インスピレーションから始めましょう。
何千ものプロ仕様のデザインテンプレートがあなたのために用意されています。真白なキャンバスから始める必要はありません。プラットフォーム、タスク、美的感覚、ムード、または色を選択、検索して指先で新鮮なインスピレーションを得てください。元となるグラフィックが見つかったら、タップまたはクリックしてエディターでドキュメントを開きましょう。
リミックスして独自のものにしましょう。
スタンプカードのテンプレートをパーソナライズするには多くの方法があります。広告コピー、フォントを変えたり、画像を自分の写真やAdobe Spark上の数千に及ぶ無料の画像から選んで入れ替えたりすることができます。グラフィックが独自のものになるように時間をかけてもよいですし、時間をかけずに作ることもできます。プレミアムプランでは、自動であなたのブランドのロゴ、色、フォントを適用することで常にオンブランド#onbrandになるようにできます。
感性をさらに豊かにしましょう。
Adobe Sparkの専用デザインアセットを使用すれば、あなたの美的センスと個性を追加することが簡単にできます。GIPHYからアニメートされたステッカーを追加したり、短い形式のグラフィックビデオにテキストアニメーションを簡単に適用したりすることができます。あなたがメッセージとスタイルに集中できるように、私たちは他の退屈な技術的な箇所の処理をしました。また、プロジェクトに共同編集者を追加することもできるので、より多くの手でデザインに命を吹き込むことができます。
サイズ変更してあなたのコンテンツがより届くようにしましょう。
プラットフォームの画像のサイズをすべて記憶しておかなければならなかった時代は終わりました。好きなデザインが決まったら、Adobe Sparkの自動リサイズ機能を使って印刷用もしくはSNS用にサイズを修正しましょう。プロジェクトを複製し、サイズ変更を押して、目的のプラットフォームを選択。そのあとは私たちのAIが自動的に処理します。複数のチャンネルのコンテンツを一瞬でサイズ変更できます。
スタンプカードのデザインを保存、共有しましょう。
ロイヤリティカードが完成したら、公開ボタンを押しましょう。すぐにダウンロードして、自宅や職場、あるいはプロのプリンターで印刷することができます。さらに、作成したデザインを複製して再フォーマットすれば、店舗の看板や販売パンフレット、ソーシャルプロモーション用のグラフィックなど、他のマーケティング資料を作ることもできます。Adobe Sparkはデザインを保存するので、ポイントカードを更新する必要があるときは、いつでも見直すことができます。

創造性を味方に、クライアントを祝福しましょう。

Adobe Sparkが、新しいプロジェクトを構想する際に、既成概念にとらわれない発想をもたらします。Adobe Sparkでカスタムスタンプカードを作成し、そのデザインを名刺、メールマガジン、クーポン、ギフトカードなど、他のマーケティング資料に再利用してみてはいかがでしょうか。オーディエンスにアピールする創造可能性は無限にあります。

Adobe Sparkをスタンプカードのデザインのエキスパートにしましょう。

Adobe Sparkの力であなたの創造性に磨きをかけましょう。プロフェッショナルにデザインされたテンプレートを利用したり、一からスタンプカードを作成することもできます。写真、アイコン、ロゴ、パーソナライズされたフォント、およびその他のカスタマイズ可能な要素を使用してデザインのテーマを確立しオーセンティックな印象を与えることができます。デザインを複製したり、サイズを変更したりして、複数のタイプのアセットに一貫性を持たせることもできます。Adobe Sparkでは、デザインの作成、保存、共有を無料で簡単に行うことができます。