履歴書の無料テンプレート

Adobe Expressを使えば、履歴書のテンプレートから選んで、すぐにオリジナルの履歴書を作成することができます。

今すぐ履歴書を作成

このテンプレートを活用

今すぐ履歴書を作成

新卒採用向け、転職者向け、アルバイト・パート向けの履歴書

新卒採用を目指している学生向けの履歴書をデザインすることができます。A4、B5といった提出に必要なサイズに調整することが可能です。

転職者向けの履歴書転職者、中途採用向けの履歴書をデザインすることもできます。A4、B5といった提出に必要なサイズに調整することが可能です。

また、アルバイト・パート向けの履歴書アルバイト・パート向けの履歴書をデザインすることもできます。A4、B5といった提出に必要なサイズに調整することが可能です。

オリジナルの履歴書を作りましょう。

Adobe Expressに用意されている履歴書のテンプレートは、どれもプロフェッショナルで注目をあつめるものばかりです。配色、テキスト、イメージ、イラストなど、各種要素が盛り込まれています。

まずは、上記のテンプレートの中からお好きなものをお選びください。自分のイメージに近いテンプレートを選ぶと、すぐにデザインページで編集を始めることができます。

システムは即座に変更を適用します。どのテンプレートを選んでも、基本的なデザイン要素は与えられているので、それをもとに自分の作品を作ることができます。好みのビジュアルを追加して、ご自身の実績や資格を履歴書に反映させましょう。

他の人と差をつけましょう。

無料の履歴書テンプレートは、デザインプロセスの始まりに過ぎません。理想の仕事を手に入れるためには、ユニークで注目を集める履歴書を作ると効果的なケースもあります。Adobe Expressには、各種カスタマイズオプションが用意されているので、この作業はとても簡単です。

デザインページを下にスクロールして、履歴書のストーリー作りを始めましょう。自分の写真、項目別の情報以外にも、ボタン、デザイン要素を追加することもできます。デジタル履歴書を作成する場合は、動画やスライドショーを追加することも可能です。

いろいろなオプションを試してみましょう。Adobe Expressを使った履歴書のデザインには、正解はありません。好きなように変更してみてください。機能を使いこなせば使いこなすほど、個性的な履歴書ができあがります。

どうして履歴書のデザインに Adobe Express を活用するべきなのでしょうか。

Adobe Expressでは、さまざまな無料の履歴書テンプレートを提供しています。インスピレーションに悩んでいる方には最適です。テンプレートをベースにして、好きなように変更してみましょう。

デザイン会社に高額な費用を払う必要はありません。自宅にいながらにして、洗練されたプロフェッショナルな履歴書を作ることができます。Adobe Expressにはさまざまな無料デザインオプションが用意されているので、少ない費用で特別なものを作ることができます。

履歴書は非常に個人的な文書です。履歴書は非常に個人的な文書であり、自分の仕事上の経歴を公開することに抵抗を感じる人は、デザインプロセスを他人に任せたくないかもしれません。Adobe Expressでは、マウスを使ってシステム全体を操作することができるので、デザインのスキルがなくてもコントロールを放棄する必要はありません。

Adobe Expressの履歴書テンプレートを使って、ご自身の才能をアピールしてみませんか。

履歴書に最適なフォントを選びましょう。

履歴書のフォント選びも重要です。日本語で記載する部分は日本の履歴書では「明朝体」のフォントを選ぶことが基本です。ビジネス文書になるため、固めの印象を与えるフォントを選ぶケースが多いです。また、フォントサイズは10.5~11にすることが多いです。採用担当者が見やすいサイズになるようにしましょう。 英語等アルファベットで記載する部分は、 Serif(セリフ)体かSans-Serif(サンセリフ)体のどちらかを選ぶのがよいでしょう。 Serif体( Serifと呼ばれる尾を持つフォント)は、より伝統的で、よりプロフェッショナルなアプローチを伝えようとする履歴書に適しています。Cambria、Garamond、Book Antiquaなどの書体は、かつての標準的なTimes New Romanとは異なり、新鮮なスタイルです。 Sans-Serifは、よりモダンで、尾部がないため、より読みやすくなっています。サンセリフフォントは、より広く使用されるようになったため、各種履歴書に推奨されます。

Helvetica、Avenir、Open Sans、Roboto、Calibriなどのフォントもお勧めです。履歴書を作成する際には、1つのフォントを選び、そのバリエーションで勝負してみましょう。ヘッダーにはボールド(Bold)体、説明文にはスタンダード(Standard)体、連絡先にはスモールキャップ(Small-caps)体を使用します。1つのフォントでも多くのバリエーションがあり、それらのスタイルを最大限に活用することで、デザイン要素に精通していることを証明し、履歴書を向上させることができます。また、フォントサイズは必ず12ptを選ぶようにしましょう。