金融業界向け、連続性のある顧客体験

金融業界: 連続性のある顧客体験

適切な顧客体験を提供するためには、顧客データを統合して活用し、顧客に対する理解を深め、それぞれの顧客体験をパーソナライズする必要があります。その実現に役立つ、アドビのソリューションをご確認ください。

適切な顧客体験を提供するためには、顧客データを統合して活用し、顧客に対する理解を深め、それぞれの顧客体験をパーソナライズする必要があります。その実現に役立つ、アドビのソリューションをご確認ください。

保険会社:

銀行(リテール業務):
支店からモバイルまで、あらゆるチャネルをパーソナライズ

webやモバイル、電子メール、コールセンターなど、多様なチャネルを通じたやり取りを統合し、常に適切で一貫性のあるエクスペリエンスを提供することで、顧客との関係を強化します。

保険

保険:
顧客一人ひとりに合わせたエクスペリエンスを構築

保険会社は、従来より豊富な情報を求められ、その要求は高まり続けています。データを活用すれば、顧客一人ひとりに適切なデジタルエクスペリエンスを提供しつつ、有望な引き合いを特定して成約率を高めることができます。

アセットマネジメント企業:

アセットマネジメント:
個々のニーズに合わせて投資案件をパーソナライズ

アセットマネジメントの分野では、組織やファイナンシャルアドバイザー、個人投資家などの様々なオーディエンスに向けて、パーソナライズされたエクスペリエンスを提供する必要があります。状況の変化に合わせ、投資も進化する必要があります。

金融業界向けリソース

金融業界向けリソース

金融業界に欠かせない顧客体験

現代の金融サービス業界では、顧客体験とカスタマージャーニーの改善が最優先事項です。Econsultancyは「2018 Digital Trends in Financial Services(2018年度の金融サービス業界のデジタルトレンド)」レポートの中で、この業界の約700名のリーダーのうち、3分の1以上がエクスペリエンスの簡単さ、楽しさや価値の向上に投資していると回答したと述べています。

金融サービス関連のリソース

金融サービスに欠かせない顧客体験

今日、顧客体験は、金融業界における主要な差別化要因になっています。Econsultancyの調査レポート「 2019 Digital Trends in Financial Services」では、約500人の業界リーダーを対象に調査を実施しました。その結果、調査対象企業の1/3が、使いやすくて面白味があり、有意義なエクスペリエンスの提供が、競争の優位性につながると考えていることが明らかになりました。

金融サービス関連のリソース

金融業界ではエクスペリエンスを最優先して、ROIが成長 

Forresterの調査において、エクスペリエンスの変革に投資している金融機関は、競合他社よりも大幅にパフォーマンスが優れていることが明らかになりました。顧客を中心に捉えてビジネスを改革し、ニーズに合わせてパーソナライズされたエクスペリエンスを提供することで、顧客のロイヤルティを高める方法をご確認ください。  

UBS
UBS

「社内、社外両方のあらゆる場所でコンテンツの管理が少なくとも3倍は早くなり、時間とコストの大幅な削減につながっています。私たちは、webやモバイル、オフラインでのインタラクションも含め、あらゆるチャネルをまたいで顧客データをひとつに統合し、的確で一貫性のあるオファーを提供しようとしています」

Manuel Niess氏(UBS、グループマーケティングおよびコミュニケーションサービスにおけるデジタル担当リーダー)

webサイトで年間2億回以上のページビューが発生するUBSは、外部利用者と内部利用者それぞれに適したエクスペリエンスを提供するため、オンラインエクスペリエンスのコンテンツのターゲティングをおこなうことにしました。現在UBS.comでは、訪問者の所在地やニーズに合わせ、あらゆるデバイス上で10種類のインターフェイスを動的に表示できる柔軟性が実現されています。 

「社内、社外両方のあらゆる場所でコンテンツの管理が少なくとも3倍は早くなり、時間とコストの大幅な削減につながっています。私たちは、webやモバイル、オフラインでのインタラクションも含め、あらゆるチャネルをまたいで顧客データをひとつに統合し、的確で一貫性のあるオファーを提供しようとしています」

Manuel Niess氏(UBS、グループマーケティングおよびコミュニケーションサービスにおけるデジタル担当リーダー)

webサイトで年間2億回以上のページビューが発生するUBSは、外部利用者と内部利用者それぞれに適したエクスペリエンスを提供するため、オンラインエクスペリエンスのコンテンツのターゲティングをおこなうことにしました。現在UBS.comでは、訪問者の所在地やニーズに合わせ、あらゆるデバイス上で10種類のインターフェイスを動的に表示できる柔軟性が実現されています。 

「社内と社外の両方をまたいで、コンテンツ管理が少なくとも3倍は早くなり、時間と費用を大幅に節約できるようになりました。当社では、webやモバイル、オフラインなど、あらゆるやり取りをまたいだ顧客の全体像の構築に取り組み、適切で一貫性のあるオファーを実現しています」

Manuel Niess氏(UBS、グループチャネルマーケティングおよびコミュニケーションサービス担当リーダー)

webサイトで年間2億回以上のページビューが発生するUBSは、外部利用者と内部利用者それぞれに適したエクスペリエンスを提供するため、オンラインエクスペリエンスのコンテンツのターゲティングをおこなうことにしました。現在UBS.comでは、訪問者の所在地やニーズに合わせ、あらゆるデバイス上で10種類のインターフェイスを動的に表示できる柔軟性が実現されています。 

UBS

顧客の全体像を把握

オーディエンスに対する理解が深まるほど、つながりも深くなります。あらゆるチャネルをまたいで最も価値のあるオーディエンスを特定し、顧客一人ひとりと適切にやり取りするためには、あらゆるデータを一元化する必要があります。

アドビがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。

アドビがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。