金融業界で重要なのは連続性のある顧客体験

従来型の金融機関は複雑な課題を抱えています。現代の金融機関は、顧客の設定環境に合わせたエクスペエンスを提供しなければなりません。つまり、テクノロジーを活用して利便性を向上させるだけでなく、顧客に有益な情報を提供、案内することが必要になります。現代の顧客が本当に求めているのは商品ではなく「つながり」だということを認識する必要があります。こうした状況の中で、競合するフィンテック企業は、顧客が好む手軽にアクセスできるモバイルサービスを提供しています。これは明らかな脅威であり、現状のままでは太刀打ちできません。金融機関はテクノロジーを積極的に活用して、創造的破壊と、顧客との関係構築、関係強化に取り組まなければなりません。

金融業界で重要なのは連続性のある顧客体験

長期的な顧客関係を築く

アドビのソリューションにより、金融機関はデータとテクノロジーを活用して複数チャネルをまたぐ一貫性のある最適な顧客エクスペリエンスを提供し、顧客との信頼関係を構築できます。これには4つの形があります。

データの統一

重要なデータソースを統合することで、新しいインサイトの獲得や、価値の高いセグメントの特定、統合されたクロスチャネルの顧客プロファイルの参照を可能にします。


きめ細かいパーソナライズ

強力なパーソナライズエンジンを使用して、ベストプラクティスをテストし、顧客一人ひとりに最適なエクスペリエンスを自動的に提供します。

コンテンツ効率の向上

コンテンツの制作、保存、管理、共有を単一のリポジトリからおこなうことで、パーソナライズされたエクスペリエンスのニーズに対応します。

カスタマージャーニーの連携

最も価値の高いセグメントの行動を把握し、顧客一人ひとりにネクストベストオファーを提供します。

金融機関の課題を解決するアドビのソリューション

現代の金融機関は、従来型のサービスやビジネスモデルの見直しを迫られています。新世代の顧客の期待に応えるための革新と変革をアドビがお手伝いします。

今こそ真の顧客本位へ

金融業界は、さまざまな産業のなかでも、サービス先進業種としての素養を秘めています。顧客行動の変化や金融庁の新たな行政方針など、業界の変革が促されるいま、どのように顧客本位の金融サービスを提供するべきでしょうか。「金融機関が消費者との共通価値を生み出すための条件とは」をご覧ください。
 
 

顧客一人ひとりのニーズを正確に把握

顧客データの量は膨大です。このデータを集約し、そこから正確で有益な顧客像を描き出すのは容易なことではありません。アドビのソリューションを活用すれば、適切なインサイトを入手し、様々なチャネルをまたいで顧客をより深く理解できます。
 

チャネルをまたぐ柔軟な顧客エクスペリエンスを提供

web、モバイル、コールセンター、実店舗などの多様なチャネルをまたぐ顧客エンゲージメントを、単一のプラットフォームから、リアルタイムで最適化します。
 
 


顧客に一貫したクロスチャネルジャーニーを提供

顧客がサイトからアプリへ、また実店舗へと移動する場合でも、連続性のある顧客エクスペリエンスと最適なオファーを提供します。
 
 
 

金融業界の様々な課題に対応

金融機関のデジタルマーケティングと一口に言っても、実際の要件は各社の業務内容によって異なってきます。リテール銀行でも、保険会社でも、アセットマネジメントでも、それぞれの業務固有の課題をアドビのソリューションで解決できます。

店舗から電話窓口まで、あらゆるチャネルで一貫性を維持

web、モバイル、電子メール、コールセンターなど、多様なチャネルを通じたやり取りをすべて統合し、状況に応じて一貫性のあるエクスペリエンスを提供することで、顧客との関係を強化します。

見積りの精度とスピードを高める

保険会社は、データを活用して、成約率を高め、既存顧客のデジタル体験を改善できます。

個々のニーズに合わせて投資案件をパーソナライズ

アセットマネジメントや小口投資分野では、それぞれ固有のニーズがあります。パーソナライズにより、相手の期待に合ったコミュニケーションを行い、投資におけるエクスペリエンスを強化できます。

金融業界のユーザー事例

 

ナショナルオーストラリア銀行(NAB)は、デジタル戦略を見直し、売り上げ拡大とエクスペリエンス向上を達成しました。



RBSは、より価値のある顧客をターゲットとしてコンテンツを提供するためにAdobe Marketing Cloudソリューションを活用しています。
UBSは Marketing Cloudを使用してマーケティングの効果を最適化しています。

 

金融機関にアドビがもたらす利点

消費者は店頭、ATM、モバイルアプリといった利用形態にかかわらず、一貫性のあるエクスペリエンスを求めており、金融機関にとってこれに応えるのは喫緊の課題です。