ハイテク業界

ハイテクを凌ぐ価値を提供

ハイテク業界を勝ち抜くためには、確実な価値を継続的に提供する必要があります。この業界では、顧客は情報に精通し、競争は厳しく、常に変化し続けるプレッシャーにさらされています。 

アドビはハイテク業界のマーケターを支援しています

無償のバーチャルイベントで、今日のビジネス上の課題を克服するための実践的なアドバイスを得ることができます。

優れたデジタルマーケティングで革新を続ける

アドビのツールは、根底から革新をもたらし、顧客体験の詳細な調整を支援します。これは、特にハイテク業界では価値があるだけでなく、欠くことのできないものです。アドビは、しっかりとしたデジタル基盤の構築、顧客インテリジェンスにもとづく意思決定、あらゆるチャネルをまたぐパーソナライズされた魅力的な顧客体験の提供をお手伝いします。

ハイテク業界に特化したマーケティング機会に対応

イノベーションには適切な基盤が不可欠

イノベーションには適切な基盤が不可欠

革新的な顧客体験を提供するためには、堅牢でパワフルなデジタル基盤が不可欠です。あらゆるデータとコンテンツをひとつの基盤にまとめ、顧客体験を効率的に提供し、獲得したインサイトを組織全体で共有し、関係者全員が活用できるようにします。最後に、テクノロジーとパートナーを活用して自動化を推進し、顧客体験の向上を妨げる要因を取り除きます。

デジタル基盤の構築について詳しく見る
アドビの記事「将来の変化に対応できるデジタル基盤の構築(英語)」を読む

常に最新のデータで価値を届ける

価値の提供は一度限りのものではなく、継続的におこなわれなくてはなりません。B2BかB2Cを問わず、相対しているのは現実に存在する人々です。人は、時や状況によって変わります。そのため、常に最善なレコメンデーションや体験を顧客に提供するためには、そうした変化を反映した最新のプロファイルが必要です。

顧客インテリジェンスの活用について詳しく見る
アドビの記事「ハイテク業界では真のイノベーションが真の価値(英語)」を読む

常に最新のデータで価値を届ける
顧客ごとに異なるカスタマージャーニーに対応

顧客ごとに異なるカスタマージャーニーに対応

ハイテク業界の購入プロセスには、数多くのチャネルが利用されます。webやモバイル、ソーシャル、電子メール、検索や各種ディスプレイなど、ハイテク分野の顧客はあらゆるチャネルを異なる方法で使用します。アドビのツールを活用すれば、一人ひとり異なるジャーニーを顧客ごとに詳しく把握し、データ、コンテンツ、チャネルを同期させることができます。そして、それぞれの顧客体験をパーソナライズするために必要な材料を得ることができます。

あらゆるチャネルにまたがるキャンペーンの調整について詳しく見る
アドビのレポート「ハイテク業界でのデジタルマーケティング(英語)」を読む

ハイテク業界のユーザー事例

Garmin

Garminは、グローバル規模のオーディエンスを対象としたカスタムな体験の構築にAdobe Marketing Cloudを役立てています。

動画を見る

Informatica

InformaticaはAdobe Marketing Cloudを活用して、顧客ごとにパーソナライズされたエクスペリエンスを提供しています。

事例を読む

Synopsys

SynopsysはAdobe Experience Cloudを利用して、webサイトのパフォーマンスとコンテンツ制作を改善しています。

事例を読む

ハイテク業界の顧客をうならせるテクノロジー


ハイテク業界では、複数のチャネルから収集した大量のデータを解釈できる堅牢性、リアルタイムに最適化できる柔軟性、AIや機械学習によって顧客体験を向上できる先進性を備えたマーケティングテクノロジーが必要です。アドビがそれをお手伝いします。ハイテク業界向けに特化したリソースページでは、Adobe Experience Cloudがハイテク業界のマーケターに提供できるユニークな利点を紹介しています。


アドビがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。