すべては、ほんの小さなチャレンジから始まる。

アドビ認定プロフェッショナル

アドビ認定プロフェッショナル(Adobe Certified Professional)は、アドビが公認する国際認定資格で、Adobe Creative Cloudを活用するスキルがあることを証明します。社会人としてのキャリアをスタートするとき、キャリアアップやキャリアチェンジを考えはじめたとき、生徒や学生に就職準備にむけて自信をもたせたいときに、ぴったりの資格です。

2021年6月から、アドビ認定アソシエイト「Adobe Certified Associate(ACA)」は、アドビ認定プロフェッショナル「Adobe Certified Professional」へと名称が変更されました。

また、「Adobe Certified Professional」には、Photoshop Illustrator ほか、動画編集ソフト「Premiere Pro 資格試験が加わりました。詳しくはこちら

デザインスキルの重要性

様々な業界や業種で、これまで以上にデザインスキルは重要視されています。デザインとは、「人にわかりやすく伝える」ことであり、コミュニケーションから経営戦略まで、ビジネスのあらゆるシーンで求められるスキルと言えます。アドビ認定プロフェッショナルを通じてデザインスキルを習得することで、活躍の場を広げることに繋がります。

就活生必見:新卒が求められるNew Normal時代のスキル(調査結果)

日本の企業の新卒採用担当者500名への調査から見えた、New Normal時代の新卒採用のトレンド。企業がこれからの学生に求めるスキルを調査結果分析からご覧ください。

さらに詳しく

新卒実務で活きるクリエイティブスキル事例

学生時代のスキルアップ体験談から、クリエイティブクラウドを使うことによる実務上の優位点まで、若手社会人の座談会からリアルな声をご紹介します。

動画を見る

仲暁子

【仲暁子】なぜ、ビジネスでも「クリエイティブスキル」問われるのか

「価値」が求められる時代に、クリエイティブの真意である「伝える」ことは、ビジネス戦略や企画・開発において重要な要素です。ウォンテッドリー株式会社仲暁子氏にお話を伺いました。

さらに詳しく

 

教育におけるアドビ認定プロフェッショナル活用事例

宝塚大学

宝塚大学

幅広くクリエイティブ業界で活躍する人材を育成する宝塚大学東京メディア芸術学部では、アドビ認定アソシエイト(現:アドビ認定プロフェッショナル)学内受検を開始されました。自己流になりがちであったAdobe PhotoshopやIllustratorのスキルは、試験を取り入れたことでツールを全般的に取り扱えるようになり、スキルアップになったと実感されています。

事例を見る

日立工業専修学校

日立工業専修学校

高等学校卒業の資格と共に数々の専門技術・技能を学ぶことができる日立工業専修学校で、Photoshopの認定である「Visual Design using Adobe Photoshop CC 2020」に、現役高校生がチャレンジしました。

事例を見る

 

受検を検討する

アドビ認定プロフェッショナルの試験科目はアドビのアプリケーションごとに独立しており、資格は科目ごとに認定されます。試験は、日本では株式会社 オデッセイ コミュニケーションズにより運営され、全国にある試験会場のコンピュータを使って解答するCBT形式で行われます。合否の結果は試験直後のコンピュータの画面に表示されます。また、合格者には世界共通の「合格認定証」が発行(郵送)されます。

詳しくはこちら ›

アカデミックプライス

試験会場登録した学校法人には、自校の生徒や学生、そして教職員にはアカデミックプライス(受検料割引)が適用されます。

詳しくはこちら ›

jp-aca-competition

合格者が競い合うアドビ認定プロフェッショナル世界学生大会

アドビ認定プロフェッショナルの資格取得を通じ、アドビのソフトウェアを活用する次世代のデザインプロフェッショナルを育てることを目的とした世界規模の大会です。アドビ認定プロフェッショナル合格した生徒や学生が、ちょっとした自信を大きな自信に変える機会になります。
詳しくはこちら ›