コンテンツ活用のフロンティア

未来のコンテンツ管理に挑む

コンテンツ活用のフロンティア:未来のコンテンツ管理に挑む

顧客を引きつけるブランドストーリーを

 ブランドストーリーを乗せて届けるのがコンテンツの役割

 
顧客ニーズに応えるのは、容易ではありません。相手の関心を引き、興味を深め、長期的な関係を維持するには、ブランドの価値を的確に伝えなければなりません。顧客の目にするあらゆるメッセージは、企業が制作した「コンテンツ」によって運ばれます。魅力的なストーリーをコンテンツに込め、顧客が接触している任意のデバイスを通じて届けることで、はじめて顧客はそのメッセージに触れることができます。
 

多様な顧客ニーズに応えるには?

 

ところが、顧客一人ひとりのニーズは多様化し、顧客が利用しているデバイスも多種多様です。しかも、欲しい情報がすぐ手に入らなかったり、自分にとってその内容が関連性のないものであったりすると、躊躇なく去ってしまいます。適切なコンテンツを提供できなければ、企業は知らぬ間に顧客を失うことになるのです。しかも、多様な顧客ニーズ、変化するその顧客の好み、多彩なデバイスといった要素をすべてカバーしなければなりません。用意すべきコンテンツは膨大で、提供すべきタイミングは極めてシビアです。
 

問われる新しいコンテンツ管理のあり方

 
こうした要件をすべて満たすためには、コンテンツ管理とコンテンツ活用のあり方を変える、新しいコンテンツ管理のあり方を模索しなければならないでしょう。魅力的な顧客体験を実現することのできる、デジタル基盤が必要なのです。
 
膨大なコンテンツを管理し、顧客一人ひとりにあわせて活用することのできる次世代型のコンテンツ管理システムとは、どのようなものでしょうか?ブランドストーリーを伝え、顧客ロイヤルティを向上させ、事業の成長を促進することのできる基盤とは何でしょうか?
 

コンテンツ活用のフロンティア:未来のコンテンツ管理に挑む
魅力的なブランドストリーで顧客を引きつけることのできる、コンテンツ活用のフロンティアとはどのような世界なのか、アドビガイド『コンテンツ活用のフロンティア:未来のコンテンツ管理に挑む』をぜひご覧ください。