優れたエクスペリエンスのために

エクスペリエンス ビジネス/Adobe Experience Cloud 関連資料
 

エクスペリエンス ビジネス関連資料

 

デジタルを活用し、顧客体験中心型ビジネス(エクスペリエンス ビジネス)へと自社を変革するうえで役立つ、デジタル戦略、デジタルエクスペリエンス構築、データドリブンマーケティング、クロスチャネル管理(マーケティングオートメーション含む)など、さまざまな資料をご覧いただけます。

 

目次

 

 

NEW

 

市場調査レポート

 

デジタル戦略の検討や各種施策をプランするうえで、顧客や他社の動向をつかんでおくことは、洞察の幅を広げるのに役立ちます。そこで、アドビが国内やグローバルで実施しているいくつかの市場調査レポートをご案内します。

NEW

 

 

企業は自社のデジタル変革といかに向き合い、どの程度の進展を見せているのでしょうか?企業のデジタル変革とデジタル活用の実態について明らかにすべく、アドビはB2Cを中心とする日本企業を対象に調査を実施しました。

 

 

NEW

 

 

優れた顧客体験が競合差別化要因になると気付いている企業は、それを実現すべくエクスペリエンス投資に注力しています。その投資はどのような経営価値をもたらすか、企業調査とForresterのモデルから導出します。

 

 

 

 

日本国内の消費者約3708人を対象として、小売と金融分野における商品やサービスの購買行動に関する調査を実施しました。調査レポートでは、現代の消費者を引きつける要因とデジタルの影響力を明らかにしています。

 

 

 

デジタル戦略とイノベーション

 

デジタル時代の顧客が期待する水準の価値を提供するために、企業にはどのようなデジタル戦略、デジタル変革、イノベーションの視点が必要とされるでしょうか。

NEW

 

 

日本企業が、組織の能力と人材不足という課題を解決し、エクスペリエンス志向への変革を果たすためには。その流れと、組織のあり方/人材の育て方について考察します。

 

 

 

 

デジタル時代の顧客のニーズを満たす「顧客体験のあり方」とは。一橋大学 神岡太郎教授取材協力のもと、企業が抱える課題を整理し、「真の顧客視点」による競争力強化への方策を探ります。

 

 

 

 

いまや、顧客のエクスペリエンスを制する企業が、ビジネスを制する時代です。それには、組織全体が顧客志向に転換する必要があります。「成熟度モデル」を用い、「現状」から「目標」まで組織の変革を進める4つのステップを解説します。

 

 


 

 

今日の消費者の期待に沿った形で、実店舗への送客をうながし、再来店を促進させるには?デジタルと実店舗の両方で魅力的なエクスペリエンスを構築する、6つの主要戦略をご紹介します。

 

 

 

 

市場の変化が非常に速い現在、移り変わる消費者のニーズを的確に読み取り、顧客体験にすばやく反映させるには。そのアプローチ方法や組織の在り方について紹介します。

 

 

 

 

デバイスの多形化、人工知能、ビジネススタイルの変化。この3つのトレンドを押さえて先進企業を目指すために、いま始めるべき取り組みのヒントを紹介します。

 

 

 


 

 

市場の変化により、企業の差別化は難しくなりました。いま求められている新たなビジネス規範とはどのようなものか、企業が競争優位を築くために欠かせない要素は何かを探ります。

 

 

 

 

消費者のたどる購買経路は多様化しています。各フェーズにおいて、それぞれの目的に合った様々な顧客接点を利用します。こうした消費者行動に対し、CMOはどのようにマーケティング戦略を変革すべきでしょうか。

 

 

 

 

テクノロジー抜きにマーケティングを語ることのできない今、ビジネス全体を成功に導くために、マーケティング責任者(CMO)もテクノロジーの選択に積極的に関わることが求められています。そこでCMOの果たすべき役割、テクノロジー選定の手順などについて説明します。

 

 


 

魅力的なデジタルエクスペリエンス構築

 

モバイルの急速な普及は、webのあり方を大きく変えました。さらに、店舗内スクリーンやデジタルキオスク端末、ウェアラブル端末やIoT、スマートスピーカーなど、新たなイノベーションは常に生まれ、デジタルチャネルはますます多様化していきます。あらゆるデジタルエクスペリエンスを効率的に構築し、顧客体験を最適化するには、どうしたらよいでしょうか。

 

 

市場のモバイルシフトにより、企業にとって今や「モバイルこそが戦略」となっています。自社らしいモバイルエクスペリエンスを築くために、成熟度を高めるための要素や組織体制、あるべき戦略を探ります。

 

 

 

 

ビジュアルコンテンツによる優れた顧客エクスペリエンス実現に不可欠な、「表示スクリーンの多様性」、「メタデータの重要度の高まり」といった7つのトレンドを解説します。

 

 

 

 

小売企業にとってモバイルを活用したコマースは重要ですが、消費者の期待に応えるには、モバイルによるショッピング体験の改善を続けていくことが求められます。モバイルで顧客の期待に応え、顧客を引き込むためのヒントをご紹介します。

 

 


 

 

Webサイトをレスポンシブ対応するうえでかかるデジタル投資コストについて、決裁者の理解を得るための戦略を解説します。

 

 

 

データの活用

 

デジタル顧客接点から得られるデータや、企業システムに蓄えられたデータを組み合わせ、見込み顧客のニーズや新規顧客の獲得に役立てるには、データをどのように活用したらよいでしょうか。

 

 

店舗内でのショッピング体験を差別化するテクノロジーとして、ビーコンがあります。消費者の位置情報を巧みに活用することによって、消費者のショッピング体験をより良いものに保ちつつ、売上の機会を向上する方法ことができます。

 

 

 

 

顧客ライフサイクル全般にわたって期待に応える体験を提供するためには、「個」客の理解が欠かせません。匿名顧客と認証済顧客の双方について、適正かつ効果的に理解するためのベストプラクティスを紹介します。

 

 

【データドリブンガイド1】

 

 

データドリブンマーケティングを成功させるために、アカウンタビリティとアトリビューションの重要性、データドリブンで何ができるのか、あるいは何をすべきでないかを解説します。

 

 


【データドリブンガイド2】

 

 

顧客の全体像をとらえるために、各種ソースのデータを結合して顧客を包括的に把握する方法と、顧客情報をもとにシームレスなエクスペリエンスを提供する方法を解説します。

 

 

【データドリブンガイド3】

 

 

顧客行動を予測できれば、ビジネスを加速できます。データとテクノロジーを活用して顧客の行動を予測する方法と、その知識をビジネスの競争力に変える方法を解説します。

 

 

 

 

顧客とのデジタル顧客接点でのあらゆるコミュニケーションには、仮説検証と次の施策に役立てるヒントが隠されています。そうした「データドリブン」な施策を展開できるようになるための、3つのステップをご紹介します。

 

 

 

クロスチャネル管理

 

見込み顧客や既存顧客を引きつけるためには、顧客の置かれた状況に応じたコミュニケーションが求められます。様々なチャネルを通じて、一人ひとりにとって適切な対応を行うには、どのようにすればよいでしょうか。

 

 

顧客が購買にいたる道筋は、もはや線形的な「ファネル」ではなく、多様な道筋を通ります。一人ひとりのたどるチャネルに合わせたマーケティングを展開するにはどうしたらよいか、その実現が困難ではない10の理由に沿って解説します。

 

 

 

 

消費者と企業のエンゲージメントのあり方が変わったいま、新たなコミュニケーションのあり方が求められます。その概念とは何か、実現に向けた3つのステップをご紹介します。

 

 

 

 

クロスチャネル時代、電子メールマーケティングの要件も変わりました。従来型のメール配信サービスではニーズを満たしていません。消費者とのつながりを生む電子メールのあり方を探ります。

 

 

 

 

顧客体験中心への変革とは

 

 

 

あらゆる業界で市場構造が激変している、デジタル時代。いま企業に求められているデジタル変革あり方と、目指すべき企業の姿エクスペリエンス ビジネス(顧客体験中心のビジネス)とは、どのようなものでしょうか。
「デジタル変革ナビ」で、確かめてみましょう。