アクセシビリティ

Adobe Photoshop CS4 / CS4 Extendedポータルサイト デジタル画像編集の新たな未来を拓く

Back to Basic「フォトレタッチ講座」~創って楽しむ写真の世界~


3.Camera RawでRAWファイルを現像

美しいレタッチのための、美しい下地を作る

JPEGよりもデータサイズが大きくなってしまうRAWファイルの最大のメリットは、撮影時のカメラの設定に関係なく、パソコン上でイメージした通りに現像することができるという点にあります。Photoshop CS4にはRAWファイル現像プラグインCamera Raw 5が搭載されています。ここでは、Camera Rawを使用したRAWファイルの現像方法を紹介します。画質劣化を最小限に抑えることができるCamera Rawで正しく現像を行えば、後のPhotoshopでのレタッチの幅が広がります。

無償体験版のダウンロード

無料体験版は、Adobe Photoshop CS4 Extendedのすべての機能を30日間使用できます。
Photoshop CS4 Extended体験版



現像前

現像前

現像後

現像後

サンプル写真をダウンロード
この写真はダウンロード可能です。紹介されているフォトレタッチを、実際にお試しください。

※本データのご利用は非営利目的の個人使用に限らせていただきます。著作権は各著者に帰属し、第三者に販売、配布、貸与、譲渡することはできません。


 

現像のポイント


ポイント1

傾きを補正し、周辺光量を落とす


ポイント2

全体の色調・階調を補正する


ポイント3

各色調別に補正する

※すべてCamera Raw 5での作業になります。


次のページへ




フォトレタッチ講座トップに戻る