アクセシビリティ

Adobe Photoshop CS4 / CS4 Extendedポータルサイト デジタル画像編集の新たな未来を拓く

Back to Basic「フォトレタッチ講座」~創って楽しむ写真の世界~


5. ブツ撮りの被写界深度を補正

ポイント1 ブレた写真の位置を合わせる

Adobe Bridge CS4を使い、それぞれの写真をPhotoshop CS4のレイヤーとして読み込ませ、「自動整列」で被写体の位置を合わせます。「自動整列」は選択したレイヤーに共通するコンテンツを探し、自動でそれらが重なるように整列させる機能です。


 

1-1 複数の写真をレイヤーとして読み込む

ツールバーの「Bridge を起動 Bridge を起動 」アイコンをクリックして、Bridge CS4を起動させます。

Bridge CS4で補正する写真すべてを選択し、「ツール」>「Photoshop」>「ファイルを Photoshop レイヤーとして読み込み」をクリックします。それぞれの写真が、ひとつのドキュメントに個別のレイヤーとして読み込まれました。これと同じ作業はPhotoshop Lightroom 2でも行うことができます。

Bridge CS4から直接Photoshop CS4の機能へアクセス

Bridge CS4から直接Photoshop CS4の機能へアクセス



1-2 各レイヤーの位置を調整する

「レイヤー」パネルで、読み込まれたレイヤーすべてを選択し「編集」>「レイヤーを自動整列」をクリックします。

表示された「レイヤーを自動整列」ダイアログで、「投影法:自動設定」に設定し、「OK」ボタンをクリックします。自動的にそれぞれの積み木の位置が重なるように位置が調整されます。

新機能紹介:強化された自動整列・自動合成

「レイヤーを自動整列」ダイアログ

「レイヤーを自動整列」ダイアログ


 

Photoshop ワンポイント!

Lightroom 2との組み合わせで、理想的なデジタルフォトワークフローを確立


Photoshop CS4はPhotoshop Lightroom 2との連携をより強固にし、理想的な統合デジタルフォトソリューションを可能にしました。Lightroom 2からスマートオブジェクト、パノラマ合成、HDR(ハイダイナミックレンジ)合成、複数レイヤーのワークフローといったPhotoshop CS4の機能へスムーズにアクセスすることができ、その編集内容はLightroom 2に自動的に反映されます。Photoshop CS4の持つフォトレタッチ能力と、Lightroom 2の持つ写真管理能力・RAW 現像能力との組み合わせは、デジタルフォトの表現と作業効率を強力にサポートします。

Photoshop CS4のHDR合成は、手持ち撮影によりそれぞれの写真のフレームがブレてしまった場合でも、「ソース画像を自動的に配置する」オプションにチェックすることで、自動で位置をそろえ精度の高い合成を実行することができます。Lightroom 2から直接実行することができるので、無駄な手間を省きワークフローの効率化を図れます。

Adobe Photoshop CS4 とPhotoshop Lightroom 2の連携

HDR合成

HDR合成


次のページへ




フォトレタッチ講座トップに戻る