アクセシビリティ

Adobe Photoshop CS4 / CS4 Extendedポータルサイト デジタル画像編集の新たな未来を拓く

Back to Basic「フォトレタッチ講座」~創って楽しむ写真の世界~


5. ブツ撮りの被写界深度を補正

ポイント2 自動合成で被写界深度を補正

「レイヤーを自動合成」を使用し、被写界深度を補正します。その後、色調補正をするために各レイヤーを統合し、自動整列でできたスペースを切り取ってトリミングします。


 

2-1 被写界深度を補正する

「レイヤー」パネルですべてのレイヤーを選択し、「編集」>「レイヤーを自動合成」をクリックします。

表示された「レイヤーを自動合成」ダイアログで、「合成方法:画像をスタック」に設定し、「シームレスなトーンとカラー」にチェックを入れます。「OK」ボタンをクリックし、自動合成を開始します。

ピントの合っていない部分が自動的にマスクされ、被写界深度の深い1枚の写真が作成されます。「レイヤー」パネルで「レイヤーの表示/非表示 レイヤーの表示/非表示 」アイコンをクリックすれば、どのように合成されたのかが確認できます。

新機能紹介:強化された自動整列・自動合成

「レイヤーを自動合成」ダイアログ

「レイヤーを自動合成」ダイアログ



2-2 レイヤーを統合し、トリミングする

「レイヤー」パネルですべてのレイヤーを選択し、「レイヤー」>「レイヤーを結合」をクリックします。3つのレイヤーがひとつにまとめられます。レイヤー名は「被写界深度補正」とします。

次に、ツールパレットから「切り抜きツール 切り抜きツール 」を選択し、「幅」、「高さ」、「解像度」を設定します。ここではすべて空欄のままで、切り抜きだけを実行します。

マウスドラッグで切り抜き範囲を指定し、オプションバーの確定ボタン 確定ボタン をクリックします。

ピントが合っている部分だけを検出して合成

ピントが合っている部分だけを検出して合成


 

Photoshop ワンポイント!

自動整列、自動合成に追加された便利オプション


Photoshop CS4の自動整列に「周辺光量補正」と「幾何学ゆがみ」が、自動合成に「シームレスなトーンとカラー」というオプションが新しく追加されました。

自動整列の「周辺光量補正」は主にパノラマ合成を実行するときに使用し、写真の周辺光量を補正し隣り合う写真との境界を違和感なくつなぎ合わせるためのオプションです。「幾何学ゆがみ」は樽型収差、糸巻き型収差、または魚眼型収差を補正しながら合成するオプションです。この2つのオプションは、Photomerge®にも同じように追加されています。

自動合成の「シームレスなトーンとカラー」はレイヤー同士の継ぎ目の階調と色調を、自動的に補正するオプションです。下の例のように、合成する写真によっては大きな効果をもたらします。

新機能紹介:強化された自動整列・自動合成

「シームレスなトーンとカラー」をオフ

「シームレスなトーンとカラー」をオフ

「シームレスなトーンとカラー」をオン

「シームレスなトーンとカラー」をオン


次のページへ




フォトレタッチ講座トップに戻る