アクセシビリティ

Adobe Photoshop CS4 / CS4 Extendedポータルサイト デジタル画像編集の新たな未来を拓く

Back to Basic「フォトレタッチ講座」~創って楽しむ写真の世界~


6. 3D機能を使った写真合成

2D写真を3D写真に変換して合成

Photoshopを使って窓の外の風景を一変させる写真合成は、よく行われている合成のひとつです。しかし、当然ながら以前のPhotoshopの場合、自然な形で窓のアングルを変化させて風景を切り抜く、下の写真のような合成は不可能でした。大幅に強化されたPhotoshop CS4 Extendedの3D機能は、主に3Dグラフィックスを扱うための機能ですが、それをフォトレタッチに応用することで今までにない新しい表現を実現することができます。今回はその3D機能を使って、窓に角度をつけることで視点が変化し、ダイナミックな構図による臨場感を演出した合成方法を作り出します。

※3D機能はPhotoshop CS4 Extendedの機能です

無償体験版のダウンロード

無料体験版は、Adobe Photoshop CS4 Extendedのすべての機能を30日間使用できます。
Photoshop CS4 Extended体験版



この写真はダウンロード可能です。紹介されているフォトレタッチを、実際にお試しください。
サンプル写真をダウンロード

※本データのご利用は非営利目的の個人使用に限らせていただきます。著作権は各著者に帰属し、第三者に販売、配布、貸与、譲渡することはできません。



レタッチ前

レタッチ前

レタッチ後

レタッチ後


 

レタッチのポイント



ポイント1

窓を切り抜いて、横長に引き伸ばす


ポイント2

窓ガラスを曇らせて、3Dに変換する


ポイント3

背景を合成し、窓の角度を調整する

ポイント4

室内に光を差し入れる


次のページへ




フォトレタッチ講座トップに戻る